顔写真から猫の痛みを検知することができるAIサービス「CPD」登場!

access_time create folder生活・趣味
顔写真から猫の痛みを検知することができるAIサービス「CPD」登場!


Carelogyと、動物のいたみ研究会が共同開発した、顔写真から猫の痛みを検知することが可能なAIサービス「CPD」が、リリースより3週間でユーザー数が25,000人を超えた。

AIが猫の表情を分析


猫の痛み検知AI「CPD」は、猫の顔写真をアップロードするだけで、AIが猫の表情を分析して、簡単に痛みの徴候を調べることができるサービス。料金は完全無料で、会員登録せずに利用することができる。


また、無料の会員登録をすることで、日々のAI判定結果をカレンダーに記録、アルバムに保存することが可能となり、愛猫への日々の家庭内ケアとして利用できるほか、結果に応じて動物病院への来院判断の参考としても活用することができる。

追加機能を搭載した有料版のリリースも計画

「CPD」のリリース後には、新聞やTV、ラジオを始めとする多数のメディアに同サービスが取り上げられ、TwitterなどのSNSでも多くのユーザーからの利用報告が寄せられているそうで、ユーザーからの意見を踏まえ、サービスをさらに改善していくという。また、“猫のSOSに気付いてほしい”という想いから同サービスを提供しているため、現状の機能自体は無料で提供を続けたいとしている。

今後は、「CPD」を通して膨大なデータセットを獲得することでAIの精度を臨床レベルまで向上させ、さらに多数の追加機能を搭載した有料版のリリースを計画しており、多くの猫を飼っている人、ブリーダー、ペットショップ、動物病院等、猫に関わる様々な人たちに使ってもらえるサービスとして発展させていく。

さらに、現状は日本語のみの対応だが、海外からも多くアクセスがあり、早急に多言語対応を進めているという

猫を飼っている人は、顔写真から猫の痛みを検知することが可能なAIサービス「CPD」を使ってみては。

CPD:https://cpd.carelogy-japan.com/
Carelogy:https://carelogy-japan.com/hp/ja/

(江崎貴子)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧