コメディショーで人民解放軍をネタにしたジョーク披露 →中国当局が罰金2億円超を科す

access_time create folder政治・経済・社会

5月13日に中国・北京の世紀劇院で行われたコメディショーで出演者が人民解放軍をネタにしたジョークを披露したとして、北京市文化観光局はこのショーを主催した「笑果」という会社に1335万元(約2億6200万円)の罰金及び売上135万元(約2650万円)を没収すると17日に発表しました。


https://twitter.com/SCMPNews/status/1658810239330709504


https://twitter.com/jenniferzeng97/status/1658569585564569620

習近平国家主席による人民解放軍のスローガン「作风优良、能打胜仗(品行方正で戦いに勝つことができるという意味)」をネタにしたジョークを披露した李昊石(Li Haoshi)さんは、コメディショーを主催した会社から契約を解除されたということです。


https://twitter.com/BBCWorld/status/1658760615517646852

このニュースは欧米でも広く報じられ次のような声が集まっています。

・文化の違いという話ではないな
・中国という国自体がジョークなのに
・面白い国だよ
・人民を恐れる人民解放軍
・中国だからな、特に驚きではない
・ロシアとそう大差ないね
・中国ではごく普通のことでしょ
・人民解放軍という名称がすでにジョーク
・中国の官僚は怒りっぽいんだね
・ユーモアのセンスが足りないアジアの国の中でもダントツなのが中国
・ジョークが通じないという点ではアメリカも中国化してきてる気がする
・中国共産党という存在がジョークなんだけどね
・中国には言論の自由が存在しない
・ウクライナと違ってコメディアンが国家主席にはなれない国

Image by Pete Linforth from Pixabay

※ソース:
https://www.reuters.com/business/media-telecom/chinese-slaps-comedy-firm-with-2-mln-fine-after-military-joke-2023-05-17

(執筆者: 6PAC)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧