【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

access_time create folderエンタメ

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

The Street Sliders (ザ・ストリート・スライダーズ)が解散以来22年ぶりとなるライヴ〈The Street Sliders Hello!!〉を2023年5月3日(水・祝)日本武道館で開催した。

【以下、オフィシャルレポート】

数多のバンドが、解散もしくは活動休止した後、年月を経た末に再始動してきた中、もっともそれを望まれる存在でありながら実現しなかった、The Street Slidersの再集結。HARRY(村越弘明)と蘭丸(土屋公平)のユニットであるJOY-POPSは、2018年にThe Street Sliders解散以降では初めてのツアーを開催し、その後も2020年、2022年とライブを行ってきたし、音源のリリースもあった。しかし、そのアクションがThe Street Slidersにつながることはなかった。それをファンは皆知っていただけに、このたびの再集結は、日本中のファンに、まさに驚きをもって迎えられた。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

この日の日本武道館は、ステージの真後ろまで含む360度、2階のてっぺんまで……いや、さらにその最後方の立ち見スペースまで、オーディエンスで埋まった状態。個人的に、武道館で360度観客を入れているライブは、過去にも何度か経験があるが、この日のように、全角度が2階のてっぺんまでびっしり入っているのを見たのは初めてだった。この日のステージは、2階の最後部まで人を入れても極力見切れがないように、ステージの両端を幕で覆ったりせず、天井と床が完全に分離した、特殊なデザインが採用されていた。申込者の数分の一だったという、チケットを手にできた幸運な14,000人(普段の武道館はマックスでも9,000〜10,000人ぐらい)が、この歴史的瞬間に立ち会った。いや、生中継で立ち会った人を含めると、その数は何十倍、何百倍にも及んだであろう、と思われる。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

 この日、The Street Slidersが演奏したのは、本編15曲、アンコール2曲の全17曲。開演前のBGMが鳴っている時点で、もうハンドクラップや歓声が起こっていた場内は、客電が落ち、JAMES(市川洋二/ベース)、ZUZU(鈴木将雄/ドラムス)、HARRY(村越弘明/ボーカル&ギター)と蘭丸(土屋公平/ギター)の順にメンバーが登場すると、22年待ち続けていたファン達による、会場が揺れる程の歓声が日本武道館を包んだ。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

 1曲目は「チャンドラー」(1984年)、2曲目「BABY BLUE」(1995年)、次は『天使たち』(5thアルバム/1986年)のリードシングルで、リミックス・バージョンもよく知られている「Angel Duster」、4曲目は「Let’s go down the street」(1985年)──。と、前半は様々な時期のアルバムからピックアップされたミドル〜スローな曲が中心になった構成。そして「one day」「すれちがい」「Pace Maker」と、初期の曲が続いたその流れは、「ありったけのコイン」で最初のピークを迎えた。なお、「チャンドラー」でステージのセンターでギターソロを決め、その後HARRYの傍らに行って弾いた蘭丸は、それ以降も何度もHARRYと向かい合ってプレイした。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

「ありったけのコイン」を歌い終え、『サンキュー』と笑顔を見せたHARRYは、『それじゃあ、新しいやつを』と、「曇った空に光放ち」と「ミッドナイト・アワー」の2曲を聴かせる。前者は2021年、後者は2022年に、JOY-POPSで発表した曲である。言うまでもなく、この4人で鳴らされるのは初めて。「ミッドナイト・アワー」を歌い終えたHARRYは、右手の人差し指を掲げるおなじみのポーズを、三回続けてやってみせた。HARRYによるメンバー紹介を経て、『公平が歌うぜ!』と叫んで「天国列車」へ。蘭丸のサイケデリックな声による「はしれ はしれ」が武道館に響く。間奏とアウトロでは、HARRYがギターソロ。そして『OK、JAMESが歌うぜ!』と始まったのは「Hello Old Friends」。ボ・ディドリー・ビートにのってJAMESが力強く歌うこの曲では、HARRYがソロを奏で、蘭丸がそれを引き継ぎ、最後にZUZUが独奏を聴かせた。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

 いよいよライブも後半、13曲目は「So Heavy」。1983年リリースのセカンド・アルバム『がんじがらめ』のリード曲である、軽快でアッパーでアグレッシブなリリックが載ったこの曲で、オーディエンスが一斉に爆発。HARRYの歌声は、サビの終わりの「So Heavy!」のリフレインのところ、この歌の最高音部まで、悠々と届いている。その熱い空気は、続く「Back To Back」でさらに昂り、女性客の悲鳴のような歓声も、男性客の怒号のようなメンバーを呼ぶ声も、いっそう大きくなった。が、歌い終えたHARRY、『じゃあ最後の曲』。大半が大人のオーディエンスとは思えない『えー!? 』という声が武道館を満たす。そんな素敵に大人げない大人たちに、最後に「風の街に生まれ」が贈られた。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

 アンコールは、「のら犬にさえなれない」。イントロが鳴った瞬間に、14,000人が『きたっ!』という空気になった。マスクの上からでもわかるくらい、多くの人が一緒に口ずさんでいる。そして、この再集結に関わったすべてのスタッフとオーディエンスへのHARRYの感謝の言葉を経て、ラスト・チューンは「TOKYO JUNK」。場内が明るくなり、「So Heavy」から「Back To Back」の時以上の熱気が武道館を満たす。演奏を終えた4人は、楽器を下ろしたあとも、しばしステージに留まり、自分たちをぐるりと囲んだ14,000人に挨拶し、別れを惜しんだ。HARRYが蘭丸と肩を組むと、ワッと歓声が上がる。4人が去ってエンドSEが流れた後、ステージの四方を囲む形で突如白い幕が落ちる。そこに手書き文字で書かれていたのは、“ザ・ストリート・スライダーズ 秋・ツアーやるゼィ!“。おそらく、誰もが予想だにしなかったライブツアーの発表で、興奮と歓喜の大きな歓声と拍手に包まれる中、22年ぶりの日本武道館公演は幕を閉じた。

【オフィシャルレポ】ザ・ストリート・スライダーズ、22年ぶりの武道館再集結ライヴで14,000人が熱狂

text by 兵庫慎司
Photo by 土居政則

ライヴ情報

〈The Street Sliders “Hello!!”〉2023年5月3日 日本武道館 セットリスト
1チャンドラー
2 BABY BLUE
3 Angel Duster
4 Let’s go down the street
5 one day
6 すれちがい
7 Pace Maker
8ありったけのコイン
9 曇った空に光放ち
10ミッドナイト・アワー
11天国列車
12 Hello Old Friends
13 So Heavy
14 Back To Back
15風の街に生まれ
〜ENCORE〜
EC1. のら犬にさえなれない
EC2. TOKYO JUNK

ツアー情報

〈The Street Sliders TOUR2023 「ROCK’N’ROLL」〉
2023年9月1日(金)埼玉 三郷市文化会館
2023年9月9日(土)福岡 キャナルシティ劇場
2023年9月22日(金)名古屋 名古屋市公会堂
2023年9月29日(金)東京 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
2023年10月6日(金)仙台 トークネットホール仙台( 仙台市民会館)
2023年10月21日(土)神奈川 KT Zepp Yokohama
2023年10月26日(木)大阪 フェスティバルホール
料金、先行受付、開始日時
イープラス最速先行「抽選」受付
料金:全席指定¥11,000(税込)
*KT Zepp Yokohamaはドリンク代別途必要
受付期間:5月3日(水・祝)19:30〜5月14日(日)23:39まで
受付URL:https://eplus.jp/tss2023tour/
*イープラス会員登録(無料)が必要となります
[受付に関するお問合せ]イープラスhttps://eplus.jp/qa/

フォトギャラリー

フォトギャラリーはこちらからご覧いただけます

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
local_offer

OTOTOY

ハイレゾ音楽配信/メディア・サイト。記事も読めるようになったアプリもよろしくどうぞ。

ウェブサイト: http://ototoy.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧