大学125校から総額約12億円の奨学金をオファーされたアメリカの高校生が話題

access_time create folder政治・経済・社会

大学125校から総額900万ドル(約12億円)の奨学金をオファーされた米ルイジアナ州ニューオーリンズの高校生が話題となっています。


https://twitter.com/people/status/1650884388308107266

話題となっているのはニューオーリンズ国際高校3年生のデニス・バーンズさんです。

バーンズさんはこれまでに全米の大学200校以上に願書を提出したということです。まだ返答が来ていない大学もあることから、奨学金総額が1000万ドル(約13億3400万円)を超す可能性も残されているといいます。

バーンズさんのGPA(Grade Point Averageの略、評定平均値のこと)は5点満点中4.98点で、スペイン語も堪能だそうです。

すでに2年前からサザン大学ニューオーリンズ校で大学の単位を取得しているバーンズさんですが、大学ではコンピューターサイエンスと刑事司法の2つを本格的に専攻したいということです。

バーンズさんは来月上旬までには進路を決定する予定です。

125 college offers; $9 million in total for 16-year-old New Orleans honor student(YouTube)
https://youtu.be/DdXkGDFV1_g

地元テレビ局のニュース番組に出演したバーンズさん。

※画像:YouTubeより引用
https://youtu.be/DdXkGDFV1_g

※ソース:
https://people.com/human-interest/new-orleans-high-school-student-receives-record-9m-in-scholarship-offers-from-125-colleges/

(執筆者: 6PAC)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧