ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorola 「XT1058」がFCCの認証を取得

新型番規則を採用したMotorola製スマートフォン「XT1058」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「IHDT56PA1」。FCCラベルの貼り付け図面によると、この端末の型番は地域別モデルによって変化しているらしく、以前、ベンチマークサイトで「XT1055」が発見されており、今回のXT1058はその派生モデルと推測されます。XT1055は、Android 4.2.2と1,728MHz駆動のCPUを搭載していました。「XT1058(またはXT1055)」の詳細は不明ですが、LTEやデュアルバンドのWi-Fi、IEEE802.11acにも対応することからハイエンドな機種と予想されます。直近で噂となっているMotorolaのハイエンド機種は噂の”X Phone”(の第1弾モデル)くらいしかないので、X Phoneなのかもしれません。また、FCCのラベルが本体上にプリントされることになっているので、バックカバー・バッテリーは取外し不可とみられます。認証は、GSM 850/1900MHz、WCDMA 850/1900MHz、LTE 2,4,5,7,17、Wi-Fi 2.4GHz/5GHz、Bluetooth、NFCの周波数で取得しています。3GとLTEは米AT&Tが使用している周波数帯で認証を取得しています。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile未発表スマートフォン「S39h」の実機写真が流出
Motorola XT1058”ghost”がGFX Benchmarkの公式サイトで見つかる
Galaxy S 4 miniの写真が複数流出、Galaxy S IIIと並べたものも

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。