5歳児がポケモンSVでトレーナーデビュー 成長描く漫画にほっこり

access_time create folderエンタメ
5歳児がポケモンSVでトレーナーデビュー 成長描く漫画にほっこり 5歳児がポケモンSVでトレーナーデビュー 成長描く漫画にほっこり

 シリーズ最新作「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」発売から早くも2か月が経過。過去作から引き続きプレイし、すでにシナリオをクリアしたという方も多いでしょう。一方、本作でトレーナーデビューを果たした小さなお子さんも多いようです。

 ツイッターユーザー「もちこ」さんの5歳になる娘さんもその一人。ゲームのプレイを通して、さまざまな困難を乗り越える様子を描いた漫画が、ツイッターで注目されています。読めばきっと、あなたもほっこり応援したくなるはず。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 投稿された漫画は、4コマ漫画が2つの合計8コマ。娘さん一人でゲームを進めるのは少々難しいようで、どこに行けばよいのかわからなかったり、野生のポケモンに大事な「ホゲータ」がやられてしまったり。さまざまな困難が待ち構えていましたが、もちこさんのサポートにより一歩ずつ着実に進めている様子。

5歳の娘さんがポケモンデビュー

 数日後、ついに初めてのジムリーダーとなる「カエデ」にチャレンジ。少し自信がなさそうな娘さんですが、攻略本の情報を元に有利なタイプ相性をチェック。手持ちのポケモンを見直して挑んだその結果、見事勝利を収めました!

 はじめてのジムバッジをゲットし、両手をあげて喜ぶ娘さん。トレーナーとして成長するその姿を「どんどん実っていく!」と、作中のキャラクター「ネモ」さながらに、見守るもちこさんが描かれているところで、漫画は締めくくられています。

成長を見守るもちこさん

 この漫画、同じような立場の方なら、きっと共感できるはず。かくいう筆者も、現役ポケモントレーナーでありながら、今作で我が子がポケモンデビューしたばかり。小学校に通う傍ら、毎日のようにポケモンたちとの触れ合いを楽しんでいます。

■ ポケモンを通して現実でも成長する娘さん

 5歳というと少し早いのでは?とも感じますが、娘さんは普段からアニメのポケモンを見たり、もちこさんがプレイしていた「LEGENDS アルセウス」を見ていたりと、ポケモンを身近に感じていた様子。そこで「スカーレット・バイオレット」が発売されるタイミングで誘ってみたところ、興味を示したため一緒にプレイしてみることにしたのだそう。

 漫画を見ても分かる通り、独力でプレイするのは難しいこともあるようですが、どうしても行き詰まった時は先輩トレーナーであるもちこさんがサポート。

 しかしながら「攻略本を読んで予習をしてから進めるタイプ」という堅実派であるようで、基本的にプレイ中は見守りに徹しているとのこと。わからないことがあれば自ら調べる、次の目的達成のためにあらかじめ勉強するという、学習の基礎が身に付きそう。

 そんな娘さんのお気に入りのプレイスタイルは、専らポケモンバトル……ではなく、ゲームの舞台である「パルデア地方」を観光することなのだとか。

 本作の世界はオープンワールド方式であるため、ストーリーの進行状況に関わらず、ほとんどの場所を序盤から訪れることが出来ます。ライドポケモンの背中に乗って、ゆっくり世界を見て回る。そんなプレイ方法も、今作の楽しみ方のひとつと言えるでしょう。

■ もはやゲームの枠を超えた?ポケモンを通して得られるもの

 こう考えると、ポケモンはもはやゲームという枠を超えて、生活をより豊かにするツールとしての役目を持っていると言えるかもしれません。

 時に親子のコミュニケーションツールだったり、時に学習の仕方を教えてくれたり。プレイを通して得られるものは、単純に「バトルに勝利した」という達成感だけではないはず。

 広大な世界観を持つポケモンという作品を通して、娘さんはゲームの中だけでなく、現実でも大きく「実っていく」ことでしょう。これからも一歩ずつ着実に、楽しみながらプレイして欲しいですね。

<記事化協力>
もちこ@5歳むすめさん(@mochico913

(山口弘剛)

関連記事リンク(外部サイト)

メタバース空間でeスポーツとアーバンスポーツを3D観戦「SBI Neo festival NEXUM 2023」3月4日~5日開催
ファミコン版ドラクエのドット絵こう見えてた 当時ならではのあるあるに共感
【オンラインゲーム千夜一夜】 第六回 やはり大作というとこれしか……

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧