体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超’寺’派? 体験・対話型の寺社フェス「向源」を実際に体験してみた!

超’寺’派? 体験・対話型の寺社フェス「向源」を実際に体験してみた!

体験・対話型の寺社フェス「向源」、すでに彼岸寺の連載等でお馴染みかもしれません。
ある時は「トリエンナーレ」と言われたり。
ある時は「フェスティバル」と呼ばれたり。
一体どんなイベントなのか、皆さんも気になっていたのではないでしょうか?

2011年9月にスタートした「向源」、第三回である今年2013年は「自分の言葉、聞こえていますか?」をメインテーマに、お寺だけでなく生け花や囲碁の世界、そして神社とのコラボ(!)と、盛り沢山の内容。実際、会場で「こんなに体験できるってすごいですよね!」という参加者の方の笑顔を目にいたしました。

場所や時間の都合がつかなかった方、そして盛り沢山のワークショップに悩まれていた方に向けて、彼岸寺スタッフが体験した一部をご紹介いたします!


【向源体験!その1】台湾茶体験・老師と問答(清徳寺)

お寺に入ると木や畳の香りに包まれ、自然と背筋がすっと伸びますよね。さらに本日はこれから「老師と問答」が待っているのですから、背筋も伸びまくるというものです。
そんな参加者たちの緊張を解きほぐすように、台湾茶の世界にいざなってくださる茶人Peruさん。青々とした緑の烏龍茶を、茶葉の香りから順番に、丁寧に味わっていきます。
杯を重ねる毎の変化を感じる台湾茶。お茶の香りに包まれて、だんだんと心が整えられていく感覚があります。
台湾のお茶は禅と通じるところがあるんですよ

935170_10151602306503706_1964544065_n.jpg

写真の書は、書家・猛利さんがPeruさんの詩を書いたもの。何事も余白が大事、お茶もそうであり、人もそうである。そんな意味の詩だそうです。
「どんな質問がされるのでしょうね?」
笑顔のPeruさんに送り出されて、本堂へと足を踏み入れます……

20130429_kogen 003.jpg

本堂で会話を交わしながら、老師の登場をドキドキと待つ参加者5名。5名で問答を体験、なんともリッチなワークショップです。
「坐禅に興味があって参加した」方や、「インド旅行で仏教にも興味がわいた」方や、本ワークショップへの参加背景は様々。
少しすると臨済宗・霊樹院政栄宗禅老師が本堂にいらっしゃり、まず禅問答についてお話くださいました。
例えば「私に対峙する貴方は何ですか?」といった、一瞬「えっ?」と言葉に詰まってしまうような問い。答えを考え抜くことで悟りに近づく問い。
この問いのことを「公案」と呼ぶそうです。

早速、老師から参加者5人に向けて問いかけられた公案がこちらです:

あなたの父母が生まれる前、あなたはどこにいましたか?

皆さんなら、何と答えるでしょうか?

この場であった問答を書き記すのはあえて控え、ぜひ皆さんそれぞれが「自分の答え」を考えつつ、次の機会に老師の問答に触れていただけたらと思います。

問答を終え、臨済宗の坐禅を教えていただいた後に、なんと老師より「新しい公案」をいただけました! 公案は昔のものだけでなく、老師になると新しい公案も提示できるとのこと。
皆さんとこの公案、考えてみたいです。

大宇宙を笑わせてみてください

【向源体験!その2】神社で仏教プラクティス(品川神社)
少し休憩をして、次の会場・品川神社へ。

20130429_kogen_shina.jpg

そう、次のワークショップは、まさかの「仏教3宗派が神社に揃い踏み」です。
真言宗の阿字観
天台宗の坐禅(止観)
浄土宗の念仏
この3つを教えていただきながら比較体験でき、さらには講師である僧侶の皆さんも宗派を超え一緒に体験し合うという、驚くべき企画! 「私たちもこんな場は初めてですが、やってみないと分りませんから(笑)」と、講師の皆さん。

参加者全員で十分にストレッチをした後、まず最初に石尾山弘法寺(高野山真言宗)の渡邉弘範師の手ほどきの下、阿字観を体験します。
掛軸に書かれた「阿」の字と月の絵を見つめ、その月を自分の胸から地球を超えて広げていく……「月輪観(がちりんかん)」という修行。座り方は坐禅と似ていますが、やはり真言宗、どこか超能力的です。
講師の皆さんそれぞれが自分の宗派の修行を表した書をお持ちくださっており、渡邉師が掲げた書は「なりきる」。

practice.jpg

次に、円融寺(天台宗)の阿純章師による坐禅(止観)。
先ほどの阿字観とは違い、何かをイメージして座るというよりも何にもとらわれないでただ座る、そんな感覚の修行です。坐禅を終えた後、講師間でも「やはり阿字観と坐禅は違いますね!」と会話が飛び交っていました。
阿師の書は「手放す」でした。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。