電子契約サービス「eformsign」訪問介護業界に特化したサービスを提供開始

access_time create folderデジタル・IT

これまで介護サービスにおいては、利用者への説明や同意に関して電子的な対応が認められていませんでした。しかし、令和3年度介護報酬改定により、電子的な対応が可能となり、契約書の電子的な保存や配布も認められるようになりました。

そんな中、電子契約サービス「eformsign」を運営する、日本フォーシーエス株式会社は、訪問介護業界に特化した電子契約サービスの提供を開始しました。

ペーパーレス契約でケアマネ・依頼者双方の負担軽減

訪問介護を受ける際は、要介護認定を受けた依頼者の自宅にケアマネージャーが訪問し、サービスの内容や事業所の選択などについて話し合い、看護サービスの契約書に記入をする必要があります。

しかし、契約書を紙で管理していると、訪問先ごとに書類を持ち運ぶ手間や記入をする手間が発生するため、依頼者・ケアマネージャー双方にとって負担が生じていました。

このような課題を解決すべく、日本フォーシーエス株式会社は、株式会社どりーむに対して電子契約サービスを利用した訪問介護支援システムを提案しました。

訪問先で手続き完了

従来の紙ベースでは、契約後に訪問先から事務所まで書類を持ち帰り、データベースへの入力処理をする必要がありましたが、電子契約サービスであれば訪問先で全ての手続きを完了することができます。

また、データを送信すると自動的に事業所のデータベースに登録されるため、作業時間の効率化にも繋がっています。「eformsign」はクラウドサービスなので、インターネットに繋がっているデバイスがあれば、場所を問わずいつでも電子契約をすることが可能です。

PR TIMES

eformsign

(文・優花子)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧