熱愛スキャンダル渦中の岡田奈々、結婚をめぐる歌詞を熱唱しファン困惑「なかなかハードですね」

access_time create folderエンタメ
熱愛スキャンダル渦中の岡田奈々、結婚をめぐる歌詞を熱唱しファン困惑「なかなかハードですね」

画像:時事

23日に放送された「テレ東音楽祭」(テレビ東京)。

年に3回開催されている音楽の祭典である「テレ東音楽祭」ですが、今回の放送では人気メンバーの岡田奈々さんのスキャンダルで物議を醸しているAKB48が出演。

SNSではさまざまなコメントが挙げられていました。

テレ東音楽祭に岡田奈々が出演、SNSでは多様な意見

23日に放送された「テレ東音楽祭」(テレビ東京)。

年に3回開催されている音楽の祭典である「テレ東音楽祭」ですが、今回の放送には人気メンバーの岡田奈々さんのスキャンダルで物議を醸しているAKB48が出演。

岡田奈々さんといえば、2012年にAKB48グループからデビューして以来、人気メンバーとしてグループを牽引してきました。

特に最近では「根も葉もRumor」でセンターを務めており、話題を呼んでいました。

しかし、今月19日に「週刊文春」にて岡田奈々さんに交際中の男性がいるという報道が発表され、岡田さんが同グループで在籍中に男性との交際を発表したメンバーがいた際に強く非難する姿勢をとっていたこともあり、激しく炎上。

この炎上があった直後のテレ東音楽祭出演とあって、SNSでは

《岡田奈々ちゃん出演してて良かった》

《テレビ東京系「テレ東音楽祭2022冬」この状況で出演はメンタル凄いな……。》

《岡田奈々ちゃん普通にテレ東の音楽番組出てたけど、本人がどう思ってるか知らんけど図々しいって言ってる人達それは言い過ぎじゃね?勝手な考えでしかないけど本人も出たくないって思ってるかもしれんやん。出たくなくても仕事だから事務所側の指示で出たりしてるかもやん。》

《岡田奈々のテレ東出演に色々意見があるようだが、責任感が強いので決まってる仕事を勤め上げようとしただけかと。》

などと、岡田さんを心配する声で溢れていました。

「結婚」に関わる歌詞を岡田奈々が歌唱、ファンの間では物議

今回の「テレ東音楽祭」に関して、ファンの間で一番物議を醸していたのは、出演の際の”選曲”。

新曲の「久しぶりのリップグロス」の歌詞には「結婚をするんじゃないか?おめでとうしか言えない」と言う、今の岡田さんにはあまりにもタイムリーな内容が歌われており、ファンの間では

《岡田奈々ちゃん今どういう気持ちで「結婚をするんじゃないか?おめでとうとしか言えない」の歌詞歌っとったんや←テレ東音楽祭を見ています》

《テレ東音楽祭にAKB48で岡田奈々出てるし『結婚をするんじゃないか?おめでとうとしか言えない』という歌詞を歌うのはなかなかハードですね…》

《岡田奈々ちゃんスキャンダルでて炎上中なのに、テレ東音楽祭でてキツそうだったけど、笑顔作ってるのは凄いな。結婚をするんじゃないかおめでとうとしか言えないか》

《AKB48テレ東音楽祭で選抜メンバー全員で久しぶりのリップグロスのパフォーマンスするらしいけど、そこに岡田奈々いて大丈夫そ??》

と言うような、岡田さんの気持ちを考察するようなコメントが目立ちました。

さらに放送の同日に岡田さんはグループの卒業を発表しており、ファンの皆さんにとってはつらさに追い打ちをかける放送内容となってしまったようです。

グループは卒業してしまう岡田さんですが、今後ものびのびと活動していってくれることを願うばかりですね。

(文:Quick Timez 編集部)

関連記事リンク(外部サイト)

岡田奈々に熱愛スキャンダル!過去のレズ&バイ発言の真相やAKB48の恋愛禁止ルールも解説
森咲智美、刺激の強すぎな過激ビキニショットにファン困惑「これで人前に出るのは、やばすぎ」
加護亜衣「ライオンみたいになる」自身の夜の営みを赤裸々告白し批判の声「こういう発言は控えた方がいい」
ももクロ・高城れに、衝撃のエピソードにデヴィ夫人が辛辣コメント「あなた、頭おかしくない?」
向井地美音、13kgも激ヤセした現在の姿にファン心配「大丈夫かな…?」「体質じゃないと思う」

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧