スカラパートナーズがUPBONDへ出資、スポーツチームの運営に参加できるNFTサービスを開発中

access_time create folderゲーム

スカラパートナーズがUPBONDへ出資、スポーツチームの運営に参加できるNFTサービスを開発中

株式会社スカラを母体に、対戦型トレーディングカードゲームの買い取り・販売サイト「遊々亭」を運営する株式会社スカラプレイスやポータルサイト「フレッシュアイ」を運営するスカラコミュニケーションズ株式会社など、さまざまな事業を展開するスカラグループ。
その中でも「価値創造経営」と「AI/IoTコンサル」のワンストップソリューションを提供している株式会社スカラパートナーズは、ブロックチェーン技術を使ったWalletサービス「UPBOND Wallet」を開発する株式会社UPBONDへの出資を発表しました。

株式会社スカラパートナーズが株式会社UPBONDへ出資

UPBOND WalletUPBOND Wallet – PR TIMES

株式会社スカラは1991年の創業以来、IT/AI/IoT/DX・新規事業開発・ファイナンスによって独自のストックビジネスモデルで成長を続けてきました。
2019年8月には中期経営計画として・・・

価値創造経営支援事業領域
IT/AI/IoT関連事業領域
社会問題解決型事業領域

・・・といった3つの事業領域を設定し、「クライアントと共に社会問題をビジネスで解決する、価値共創企業」を目指すと発表しています。

株式会社UPBOND

UPBOND WalletUPBOND Wallet – UPBOND公式サイト

株式会社UPBONDは「Web3技術の社会実装」をテーマに、さまざまな産業のWeb3活用を推進しているほか「UPBOND Wallet」も展開。
「UPBOND Wallet」は匿名性が高いために企業が個人情報を取得できないというWeb3ならではの課題を解決するWalletプロダクトです。

出資の目的と展望

スカラグループは中期経営計画の事業領域のひとつである社会問題解決型事業領域の切り口として地方自治体や学校、地域経済との繋がりが深いスポーツビジネスを重要視。
2022年3月にプロバスケットボールチーム「さいたまブロンコス」を運営する株式会社ブロンコス20を子会社化したことを契機に、スポーツビジネスDX事業を加速してきました。
なかでも、欧米においてスポーツのIPを活用したNFTサービスが巨大マーケットを形成していることに注目し、ブロックチェーン技術を活用したNFT関連サービスなどのWeb3事業開発を一層推進していくとのことです。

その一環として行われた今回の出資の皮きりに、株式会社スカラパートナーズは株式会社UPBONDを開発パートナーとして、“Support and earn”をコンセプトにしたスポーツチームの運営に参加できるNFTサービスを近日リリース予定とのこと。
さらにNFTを活用したファンタジースポーツ事業についても企画推進中と明らかにし、さらなるWeb3技術の社会実装を進めていくとしています。

株式会社スカラパートナーズの出資に関しては、株式会社UPBONDが保有する・・・

個人情報が保管できるWeb3対応Wallet技術
Web3領域における実績・知見およびグローバルなプロジェクトチームの存在
Web3プロジェクトの一般層への浸透に貢献するマインド

・・・といった知見や思想に共感したことも要因であるとしています。

近日リリース予定のスポーツチームの運営に参加できるNFTサービスはもちろん、今後のWeb3技術を活用した事業に注目が集まります。

© 2019 SCALA Partners, Inc. All Rights Reserved.
©︎ upbond.io

関連記事リンク(外部サイト)

福岡マラソン2022が11月13日に開催!大会記念品にはNFTのバーチャルトロフィーが配布!
PC1台で体験できるメタバース!コインチェックが展開する近未来都市Oasis KYOTOの歩き方
コスプレNFTサイト「Curecos」が全面リニューアル!トップページやイベントページ実装

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツを中心にゲーム・メタバース・ブロックチェーン・VTuberなどの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各商品のレビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧