ぜひ食べてみて! 野菜ソムリエもオススメするキウイベリー

access_time create folderエンタメ
画像提供:野菜ソムリエHiroさん(@hiro_vegetable)

 カナダ・バンクーバーで暮らしている野菜ソムリエのHiroさんは、「全日本人に知って欲しい」とキウイベリーをTwitterで紹介。キウイをミニサイズにしたような可愛い果物に、「食べてみたい!」など多くの声が寄せられています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回、Hiroさんが購入したキウイベリーは、アメリカ・オレゴン産のもの。現地のコストコが取り扱っていることをSNSで知り、買いに行ったそうです。北米ではベビーキウイの名前でも流通しており、「日本ではサルナシ、コクワという名前で知られています」と教えてくれました。

 カナダでも一般的ではないものの、秋になるとスーパーで時々並んでいて、比較的簡単に手に入るのだとか。ただし、バンクーバーで暮らし始めて8年になるというHiroさんもカナダ産のベビーキウイは現地のスーパーではまだ見たことが無く、販売されているのはアメリカ産やポルトガル産だそう。

 「味も食感もグリーンキウイに非常に似ています」とHiroさん。小さくて果皮が無毛のため、洗ったらそのまますぐに食べられるのも魅力。少し柔らかくなった時が食べ頃で、「皮は少し酸っぱいですが、十分な甘みと酸味が楽しめます」「個人的には洗ってそのまま皮ごと食べるのが一番」とオススメしていました。

 Hiroさんがキウイベリーを初めて見たのは2011年頃。ワーキングホリデーで2010年~2011年にかけてニュージーランドのクライストチャーチに1年間滞在していた時だったそうです。「初めて見たときはそれはもう衝撃でした!」と、興奮気味にその時の感動を教えてくれました。

 頭の中の常識が覆されたような気持ちになり、「世界は広いんだなぁ」と改めて思ったそうです。「果皮・果肉ともに非常に濃い緑色で、とても鮮やかでキレイでした」と振り返ります。

 ちなみにキウイベリーには様々な品種があり、Hiroさんもまだ出会っていない、果皮や果肉が赤っぽいものもあるのだとか。「とても面白い果物なので、日本にいらっしゃる方もキウイベリーを見かける機会があったら、ぜひ食べてみて欲しい」と語っていました。

<記事化協力>
野菜ソムリエHiroさん(@hiro_vegetable)

※初出時より一部表現を変更しました。(10月4日13時56分更新)

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

入れそうな場所には入る 「スキマスイッチ」が発動したポメラニアン
タイルを外した先に「こびとのお風呂」 生活感あふれるミニチュアにほっこり
いとしのダーリン 我が家の愛猫はパパさんにくびったけ

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧