三浦半島の「食」をテーマにした横須賀市の新たな観光拠点がリニューアルオープン!

access_time create folder生活・趣味
三浦半島の「食」をテーマにした横須賀市の新たな観光拠点がリニューアルオープン!


2013年に開業し、2019年に一旦幕を閉じていた「よこすかポートマーケット」が、建物のデザイン、出店テナントなどすべてを一新して、10月28日(金)に「いちご よこすかポートマーケット」としてリニューアルオープンする。

リニューアルコンセプトは、「三浦半島フードエクスペリエンス」。三浦半島の新鮮な食材、豊かな食文化が一堂に集められている。

三浦半島の「食の発信拠点」がリニューアルオープン

旧「よこすかポートマーケット」に比べて売場面積は2倍となり、また海に面した巨大な窓や広々としたデッキを設けることで、シーフロントの立地を生かした非常に開放的な空間が誕生。

海産物、農産物、畜産物などの食物販店に加えて、多様な飲食店やスイーツショップが揃い、また地元の名産を扱う土産物店も加わり、来館した人々に買い物や食事を存分に楽しめる施設となっている。

同施設は、観光やレジャーで訪れる人々、そして地元で生活や仕事をしている人々のどちらも喜ぶ、横須賀・三浦半島を代表する新たな「食の発信拠点」となることを目指している。年間来場者数の目標は100万人とのこと。

なお、同施設については、シティサポートよこすかが、観光・集客の拠点として建物をリニューアルして運営する事業者の公募・選考を行い、いちごを代表とするグループに決定した。

売場面積が2倍に拡張し屋外との連動

旧「よこすかポートマーケット」では、建物の道路側半分しか利用されていなかった。しかし、中央の分厚い壁に大きな開口を複数箇所設けることで、海側の残り半分も活用できるようになり、面積が2倍に。これにより21もの店舗区画が設けられ、また共用部の客席として室内だけでも合計273席を用意できるようになった。

海側には大きな窓面を配し、海を眺められる巨大な室内テラスを設けている。テラスはそのまま建物外部にも繋がっており、建物の内外に一体感が生まれる。また、屋外スペースにもイスやテーブルが散りばめられ、頭上に張られたタープの下で、ゆったりした時間を過ごせる。屋外スペースでは、週末を中心にマルシェやイベントが開催され、施設に賑わいをもたらす。

室内でのイベントやワークショップも開催

室内テラスはステージ状になっており、普段は共用客席として利用されるが、音楽ライブをはじめイベントスペースとしての活用も可能だ。また、施設奥にはシェアキッチンスペースがあるので、料理教室や食育イベントなど食に関するワークショップが随時開催される予定だ。

同施設が地元の名店を中心に広く声掛けを行った結果、施設のコンセプトに共感したマグロ・海鮮丼の「あがっとこ」や農水産物の「長井水産」、海鮮料理の「房竹丸水産」、パンの「溶岩窯パン工房 ブロートバウム」など多数の事業者が出店予定だ。

リニューアルする「いちご よこすかポートマーケット」で三浦半島の食文化を楽しもう。

(佐藤 ひより)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧