人気YouTuber『りんの田舎暮らし』、「キタキツネを抱っこする」発言にネットざわつく「あかんて」

access_time create folderエンタメ
人気YouTuber『りんの田舎暮らし』、「キタキツネを抱っこする」発言にネットざわつく「あかんて」

20日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日テレ系)。

今回の放送では、『人生激変!都会を離れた芸能人が移住生活の(秘)本音を告白!』と題して田舎暮らしのリアルをタレント達が暴露しました。

 

人気YouTuber『りんの田舎暮らし』「キタキツネ抱っこする」発言にネットざわつく

20日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日テレ系)。

今回の放送では、『人生激変!都会を離れた芸能人が移住生活の(秘)本音を告白!』と題して田舎暮らしのリアルをタレントたちが暴露しました。

その中でも、YouTubeで北海道での一人暮らしを発信して話題になっているYouTubeチャンネル・『りんの田舎暮らし』からりんさんが出演し、北海道・知床で一人で田舎暮らしをする過酷さや楽しさを赤裸々に告白。

特にりんさんの「野生の動物に囲まれながら過ごしている」というトークの際には、「知床の熊は結構優しい」や「キツネや鹿なら庭先に来る」と話し、スタジオを驚かせました。

さらに司会の明石家さんまさんが「キツネって触ったら危ないんでしょ?」と聞くと、「え?」と困惑した顔をして「抱っこしたことあります…」と話し、これにはスタジオの他の出演者も「菌をたくさん持っているから危ないよ」と注意される事態に。

ネットでも、りんさんのある意味自然に順応しすぎているエピソードに

《りんって子。はじめて知ったけど、北海道でキツネに触ったって。いやいや触るのは駄目だろ。野生のキツネに触れたら駄目なのは常識だろ。知らないにも程がある。》

《YouTuberのりんちゃんとやら、キツネはむやみに触れ合うのはやめとけ!!!エキノコックスとか色々とやべぇの持ってっから!》

《テレビでりんちゃん観れた!ただ、キツネ抱っこはあかんて》

と注意喚起のコメントが目立ちました。

この、皆さんが口を揃えて「危ない」と話す”エキノコックス”とは、主にキタキツネを媒介として人の口から体内に侵入し、幼虫となって肝臓などに寄生する病原体で、10年ほどの時間が経たないと発病が発覚しないことから、大変危ない病気であると考えられています。

動物との距離が近いのは微笑ましいですが、気をつけてほしいですね。

「心の片隅にさんまさんがいた」りんの甘い告白にさんまもメロメロ!?

普段、知床でたった一人で生活していても全く寂しさを感じないという、最近の20代にしては変わった感覚で過ごしているりんさん。

男性と付き合うことにもそこまで興味がないと、りんさんが語った際にさんまさんが「今日興味が出ちゃうかもしれないな!」と冗談めかしていうと、顔を赤くして照れてしまうりんさんにさんまさんがメロメロ。

また、「できるなら誰とも関わらないで過ごしたい」というりんさんに、サバンナの高橋茂雄さんが「じゃあ今日(の撮影)も嫌やったやろ」と問うと、りんさんが「もうこの仕事が決まった時からずっと心の片隅にさんまさんがいて」と話し、これにはさんまさんも照れ笑いするしかありませんでした。

りんさんらしい純粋な言葉まわしで、さんまさんまでもを骨抜きにしたことがよくわかるエピソードでした。

今後もYouTubeをはじめとしたいろいろなメディアで活躍してほしいですね。

▼りんさんのYouTubeチャンネル

(文:Quick Timez 編集部)

関連記事リンク(外部サイト)

中居正広、ニューヨークの漫才に感謝「SMAPの3人のネタやってくれてありがとね」
森口博子、結婚しない理由は相手へのこだわりが強いから?歴代彼氏や口説かれた芸能人についても
板野友美、顔の変化にネットがざわつく「顔が不自然すぎてヤバい」「唇、どうなってるの?」
えなこ、温泉での撮影中にセクシーハプニングが発生しカメラマンの手が止まる…ファンも「これはアカン」
ゆうちゃみ、大胆なへそ出しルックで私服姿を披露しファン興奮「くびれが素晴らしい」

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧