六本木のビルがAR作品のキャンバスに。アートギャラリー「MoAR」が一般公開へ

access_time create folderデジタル・IT

自分の描いた絵が動きだすアプリ「らくがきAR」を手がけたクリエイティブ・スタジオ Whatever Inc.が、新作AR作品を発表。

東京・六本木にあるコワーキングビル「WHEREVER」をキャンバスとしたデジタル作品をARで体験できる「MoAR – Museum of AR(以下、MoAR)」を2022年9月17日(土)より一般公開します。

巨大デジタルアート、アプリ不要でAR体験

「MoAR」は、建築物をキャンバスとした巨大なデジタルアート作品をARで体験できるアートギャラリー。建築物の壁面などに描かれたQRコードを読み込むだけで、アプリをダウンロードすることなく作品を体験できます。

今回はWHEREVERをキャンバスとしていますが、今後はさまざまな公共空間・建築物をキャンバスとして活用し、“街×アート×AR”の可能性を提案していく構えです。

ユニークな28作品を公開

このたびWHEREVERで体験できるのは計28作品。

看板のロゴが動きだす、巨大なモンスターが出現する、大量のゴーストを吸い込む、ビルの亀裂から巨大な目が覗くといった独自作品を展開します。

また、YOASOBIらのMVを担当した藍にいなさん、モード学園のTVCMなどを手がけた雪下まゆさん、キズナアイやAdoともコラボしているケイゴイノウエさんなど注目アーティスト24名とのコラボ作品も見逃せません。

多様なクリエイティビティが集まる2日間

「MoAR」は、9月17日(土)・18日(日)の11:00~20:00にWHEREVERで開催されるイベント「六本木なんでもデイ」の展示コンテンツとしても体験可能です。

同イベントでは、WHEREVERに集うさまざまなジャンルのクリエイターや企業がジャンルレスな表現の展示・販売を展開。映像・テクノロジー・音楽・マジックなどに関する上映やトークイベントを実施します。

MoARの作品に加えて、多様なクリエイティビティを体験したい人はこの2日間が狙い目かもしれません。

PR TIMES
「MoAR – Museum of AR」公式サイト
「六本木なんでもデイ」公式サイト

(文・Higuchi)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧