韓国で勝手に日本のシャインマスカットが売られているのか現地取材した結果

access_time create folder政治・経済・社会

シャインマスカットは葡萄の一種です。広島県で誕生した葡萄で、国立研究開発法人『農業・食品産業技術総合研究機構』によって育種されたものとのこと。つまり日本生まれの「日本の葡萄」です。その味、甘味が深く甘美で、価格もそんなに高額すぎないことから、誰もが食べた経験のある葡萄なのではないでしょうか。

日本だけの葡萄のはずなのに

そんなシャインマスカットが、中国や韓国で売られているのだそうです。日本から輸出されたシャインマスカットというわけではなく、中国や韓国で収穫されたシャインマスカットなのだそうです。おかしい。日本だけの葡萄のはずなのに。

韓国に取材に行ってみた

ということで、実際に海外で育てられたシャインマスカットが存在するのか、韓国に取材に行ってみました。やってきたのは韓国の首都・ソウル。中心部にあるスーパーマーケットに行ってみると……。

産地は日本ではなく韓国国内の地名が記載

ソウルのスーパーマーケットに行ってみると、店頭で堂々とシャインマスカットが売られていました。しっかりと生産地と生産者の名も記載されていましたが、産地は日本ではなく韓国国内で、生産者の名前からして韓国人が育てて出荷したものと思われます。

テイストは日本のシャインマスカットと酷似

箱入りは30000~60000ウォンで、日本円にして約3000~6000円。16000ウォン(約1600円)ほどで単品販売もされていました。今回、調査のために実際に葡萄の粒を食べて「本当にシャインマスカットかどうか」確かめてみました。すると……、これはウマイ。確かに覚えのある味です。テイストは日本のシャインマスカットと酷似しています。

韓国生まれのシャインマスカットどのように考える?

確かに、「日本のシャインマスカット」らしき葡萄が「韓国で生産」されて「韓国のスーパーで販売」されていました。確かにこの葡萄、とてもおいしい。でもこれが日本の葡萄なのであれば、おいしいからといって、その存在を受け入れることはできません。皆さんはこの韓国生まれのシャインマスカット、どのように考えますか?

シャインマスカットの生産者に取材する予定

今後、シャインマスカットの生産者に取材し、この韓国で売られていたシャインマスカットが「日本のシャインマスカット」かどうか見てもらうなど取材をする予定です。


(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧