2022年の舞台は「ダンジョン」……「東京ゲームショウ」が“バーチャル会場”の参加企業を発表

access_time create folderゲーム

コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は初開催となった2021年に引き続き、「東京ゲームショウ2022(TGS2022)」で、バーチャル会場「東京ゲームショウ VR 2022(TGSVR2022)」を9月15日から9月18日までの4日間開催する。今年の舞台は、VR空間をより一層冒険感覚で楽しめる「ダンジョン」であることが発表された。

「TGSVR2022」では、メタバースでしか実現できない、離れた場所からでもゲームファンが集い、交流し、楽しめる祝祭空間が、ユーザーとともに作られる予定とのこと。会期中は自宅のPCやVR端末から来場でき、昨年同様入場料無料で楽しむことができる。

昨年のバーチャル会場は、つながりをテーマとして、インタラクティブ性のある新しいバーチャル展示会の楽しみ方を提供。初開催ながら、総来場者数は約21万人、ユーザーあたりの平均滞在時間は約27分を記録。来場者アンケートでは、全体で9割強の参加者が満足と回答し、再参加意向は98%以上という結果に。

https://youtu.be/a6GjI3teMhE

「TGSVR2022」に参加する企業はゲーム関連だけでなく、プロモーション協賛企業やアパレル協賛企業といった様々な業種・業界が初参加する予定となっている。

出展社は、イマクリエイト、カバー、カプコン、環境省、CharacterBank、Gugenka、コーエーテクモゲームス、コジマプロダクション、KONAMI、サビオス、スクウェア・エニックス、セガ/アトラス、ディスクロニア: CA、VARK、バンダイナムコエンターテインメント、ポールトゥウィン、マジック:ザ・ギャザリング、Metaani。プロモーション協賛社として、ZONe エナジー、BOAT RACE振興会、UCC。アパレル協賛社として、ラルフ ローレンが参加。

TOKYO GAME SHOW VR 2022:
https://tgsvr.com/[リンク]

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧