「いろんな意味でやべぇ」「根っこが黒い」 自分の欲望のため解毒方法を悩むヒーラーさんのマンガが闇かわいい

access_time create folderエンタメ

『ゲーセン少女と異文化交流』(ドラゴンコミックスエイジ)を連載中の安原宏和先生(@peace_maki02)が、Twitterなどでマンガ『ヒーラーさんの様子がおかしい』を公開。「愛が重い」「根っこが黒い」「生殺与奪の権利を握られている」とさまざまな反応が集まり話題となっています。

モンスターの毒にやれられてしまった冒険者。「す…すまない…解毒を…頼めるか…」と息も絶え絶えにヒーラーさんにお願いすると、「は…はい!」と心なしか嬉しそうな返事。

「ですが…困りましたね…」と言い出すヒーラーさん。「え…!? も…もしかして解毒魔法を…まだ習得してないとか…?」と青ざめる冒険者に「いえ!それは修めているのですが…」と眉を下げて、何とも言えない不穏な表情に。

「すぐに解毒魔法(アンチドート)をかけてしまうのと…、毒で受けたダメージを定期的に回復(ヒール)するの…、どちらが私の心が満たされるのかなぁ…と考えておりまして」と真剣に悩むヒーラーさん。「早く解毒しろォ!!」と叫ぶ冒険者。気持ちは分かりますが、怒る気力があるならばいろいろ大丈夫でしょう! たぶん……。

ほかの人に回復魔法かけられたことに嫉妬したり、薬草を使うことを「浮気」と言ったり、ヤバめの食材で昼食を作ったり、可愛らしい顔をして冒険者を振り回しまくっているヒーラーさん。

安原先生によると、「『ゲーセン少女と異文化交流』以外で何か作品をTwitterで発表したいな〜と思うところから始まっていて、『ゲーセン少女』とネタが被らないものにしたかったので、ファンタジーを題材にした作品になりました!」といい、「キャラも『ゲーセン少女』では出ないような表情や性格の子にしたかったので、こんな感じになりました!」と話します。

「いろんな意味でやべぇ」「こわすぎる」「かなりめんどくせぇ」という反応のほか、「自分の欲求に素直」「闇が深くて可愛い」といった声も続出していたこのヒーラーさん。安原先生は「思った以上に反応が頂けたことが嬉しかったです! やっぱり皆ゲームが好きなんだな〜と思うような感想が多くて面白いです」と寄せられたコメントを楽しんでいる様子でした。

2022年7月8日に第4巻が刊行された『ゲーセン少女と異文化交流』。ゲームセンターでバイト中の大学生・草壁蓮司と、英国少女のリリーの交換日記を通しての交流が微笑ましいのですが、最新刊ではリリーの体育祭や文化祭などの学校生活が描かれているので、こちらも注目です。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/peace_maki02 [リンク]

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://note.com/parsleymood

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧