ビーズを降らせる演出に驚き アイロンビーズ作品「手動かき氷器」に称賛の声

access_time create folderエンタメ
画像提供:miwaさん(@miwa_my)

 ユニークなアイロンビーズ作品を手がけているTwitterユーザーのmiwaさんが、新たに「手動かき氷器」を発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「今日はお祭り」とツイートして公開した動画には、アイロンビーズで再現した手動かき氷器が紹介されています。ハンドルをクルクル回すと、削れた氷に見立てたアイロンビーズがポロポロ落ちてくるではありませんか!す、すごい……。

アイロンビーズで出来た手動かき氷器

 この演出はこだわった点でもあり、ハンドルを回すことで筒状の氷の内蓋が開いたり閉じたりする仕組みになっていて、中にあるビーズを降らせているそうです。miwaさんも「これだけは外せませんでした」と話していました。

 もともとこの作品は、アイロンビーズ専門店主催のコンテストに参加する目的で作られました。夏をテーマとした募集だったことから、「手動かき氷器」を選んだそうです。

 完成までにかかった期間は1週間ほど。苦労した点は、やはり動かすところだったそうです。手動かき氷器の内部にはアイロンビーズで作った歯車があり、それをかみ合わせて動かしているのだとか。

完成までに1週間

 しかし、歯車の大きさが合わなかったり、軸がぶれてしまったりと、中々かみ合わず、「歯車を作っては、合わせて……」を何度も繰り返したと言います。

 そうしてようやく完成した、手動かき氷器。Twitterに投稿した動画は23万回以上も再生され、「斬新なアイデア」「素晴らしいクオリティ」など多くの称賛の声がよせられています。これにはmiwaさんも「アイロンビーズで、いろんな物が作れることを沢山の方に知っていただけたのも嬉しいです」と喜んでいました。

 これからも「人が楽しくなるような作品を作りたいです」と創作意欲を燃やすmiwaさん。今後の作品も期待大ですね。

<記事化協力>
miwaさん(@miwa_my)

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

「またまたご冗談を!」子猫の寝相が完全に昔のサラリーマン
あっかんべー 猫が驚きすぎて豪快な舌出しを披露
トイレットペーパーの芯が大好きなインコさん 内側から器用に解体工事

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧