『水ダウ』、〝取材拒否の店企画〟に批判の声「あまりにも失礼すぎないか?」

access_time create folderエンタメ
『水ダウ』、〝取材拒否の店企画〟に批判の声「あまりにも失礼すぎないか?」

画像:時事通信フォト

3日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)。

同番組のとある企画に批判の声が寄せられています。

「水ダウ」、超過酷な食レポをロケを敢行

3日に放送された「水曜日のダウンタウン」(TBS系列)。

同番組ではこの日、「取材拒否の店を引き当てるまで食レポし続けるロケ、めちゃくちゃしんどい説」という企画が放送されました。

同企画は、芸人5人が朝からくじ引きで引き当てた街に出向き、食レポロケを敢行。

「取材NG」という店を引き当てるまで、ロケが終わらないという過酷な企画となっていました。

芸人らはそれぞれ、都内各所に出向き「取材NG」な雰囲気の店をチョイス。

そこでスタッフが取材交渉をしに行き、もし仮に取材OKが出た場合には、その店で一番のおすすめの商品を注文し、完食しなければならないというルールです。

スケジュールと胃袋に余裕のある芸人らが集められロケがスタートすると、それぞれ「取材NG」な雰囲気の店を選択していきますが、あっさりとOKが出る結果に。

おすすめで出された商品は、基本的にガッツリした食事がほとんどで、2、3軒をハシゴすると早くも芸人の胃袋は限界に。

お店の方も、取材依頼を快諾しますが、芸人らによる肝心の食レポはおろそかになってしまい、逆にため息をついたり、満腹感からかキツそうな顔をする芸人の姿もありました。

結局、忙しくて取材を断られたり家族経営のために取材を断られたりと、なんとか企画として成立した今回の放送。

朝10時からロケを開始し、一番遅かった芸人が終わった時間は23時を回っていました。

「水ダウ」、飲食店への〝取材拒否の店企画〟に批判の声

ほとんどの飲食店が厚意的に取材を受け入れている中、芸人らは企画に沿って「早く終わってほしい」がために、食レポはおろそかで何もコメントしないという編集がされていたり、ため息をつく人までいるという光景も見受けられました。

こうした厚意を踏みにじる企画だっただけに、

《水ダウの取材拒否のやつ本当失礼。快くOKしてくれてるのに食べ物沢山出てくるとため息ついて。美味しく食べてほしい》

《水ダウの、断られるの願いながら取材するのもすごく失礼だなぁと思う。ちゃんと説明して了承得てるならともかく。人の良心がなーと》

《水ダウの企画せっかく厚意的に取材okして料理出してくれてるお店、あまりにも失礼すぎないか。》

《水ダウの食レポNG探し酷いなこれ。めちゃくちゃ失礼な上につまらん!やらせでもつまらん》

《今日の水ダウは炎上しそうだな。お店のご厚意で取材させていただいてるのに失礼やわ》

《この企画、お店に失礼でしょ。今日は見るのやめよー。》

などといった批判の声も多数寄せられています。

食レポで何もコメントがなかったり、1つの店自体に尺を使わない編集がされると、飲食店側もPRになりません。

同番組は、両者win-winとなるような企画が実現されることが、今後の課題となるでしょう。

(文:服部慎一)

関連記事リンク(外部サイト)

東京ホテイソン・たける、元彼女・スーパーモデルの神原むつえさんに「本当に綺麗な人」「美人」の声
竹内由恵「港区出身って言ってます…」自身をめぐる経歴詐称を暴露
山田優、水着写真を投稿も加工しすぎてネット驚愕「足デカすぎ」「エイリアンみたいで怖い」
板野友美、顔の変化に視聴者驚愕「なんかのっぺりしてない?」「めっちゃ顔変わった」
アンミカ「50代に入って初」ビキニで圧巻のスタイルを披露しファン「この足の長さは普通ではない」

access_time create folderエンタメ
local_offer
Quick Timez

Quick Timez

Quick Timezでは映画やドラマ、音楽にアニメ、はたまたタレントの情報といったエンターテインメント全般の中にある読者皆様の”なぜ”、”どうして”に迅速にお応えすることを心掛けています。

ウェブサイト: https://quick-timez.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧