今年も来たぞ! 焼豚・煮豚の食べ比べもできるセブン-イレブンの「とみ田監修濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」に昇天!

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。

松戸の大人気店“中華蕎麦 とみ田”が監修するセブンイレブンのチルド麺がとにかく旨い。そして毎年夏には恒例の「冷しつけ麺」が登場する。今年も7月から発売された。「とみ田監修濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」(税込691円)だ。涼しげなパッケージが夏っぽくて嬉しい。

冷しということもあり、レンジでチンすらいらないお手軽つけ麺。ほぐし水で麺をほぐし、スープの中に具材を入れれば完成だ。

今年の特徴はなんといってもロース焼豚と肩ロース煮豚が食べ比べできること。焼豚は低温調理してあり、柔らかく優しい仕上がり。煮豚は肉感しっかりでこちらも旨い。

そして、小麦の中心部分のみを使用した特等粉で製麺した特製麺。これが最高に旨い。全粒粉やふすまも入れた極太麺で、もはやチルドであることを忘れる旨さ。チルド界では間違いなく最高峰の仕上がりだろう。

さらに、自慢の豚骨魚介スープ。濃厚な厚みのある豚骨に魚介がバシッと効いていて、程よい甘みと粘度でまとめている。全ての具材がここに調和し、完全な“とみ田”ワールドが演出される。今年もお見事だ。

あまりにスープがもったいないので、スープ割りをしようとお湯を沸かしてちょこに注いでみる。すると、なんとちょこが熱で溶けて変形。これはビックリ。あまり熱い湯を注がないようにすることをおすすめする。しかし結局お湯割りも美味しい。最後の一滴まで堪能させてもらった。

毎年の楽しみだが、今年も横綱の貫禄は健在。絶対的にオススメなので、セブン-イレブンでゲットしよう。

(執筆者: 井手隊長)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧