まだ生き残っている伝説の焼肉屋『幸永 本店』では巨大肉を食え

access_time create folderグルメ

なんで焼肉は焼肉って名称か知ってる? 肉を焼くからだよ。どうせ焼肉を食べるなら、間違いないおいしさの焼肉屋で食べたい。数十年も経営が続いている焼肉屋は、必然的に絶品だったりする。もし新宿、歌舞伎町、東新宿ありたにあるのなら、『幸永 本店』(東京都新宿区歌舞伎町2-4-11)に行くしかないよね。ここ、伝説の焼肉屋。

幸永で「お互いが隣同士の店で待っていた」

数十年の歴史ある『幸永 本店』。店舗が二つ並んでいて、どっちも『幸永』。なので待ち合わせしながらも、なかなか出会えないと思ったら「お互いが隣同士の店で待っていた」なんてことが良くある。店員も把握しきれてない。だがそれがいい。その適当さ、許そうよ。人がやってることだもの。機械的じゃあなくていいじゃない。

ホルモンじゃなくて赤身をオーダーするのがマニア

『幸永 本店』の名物はホルモンなのだが、ホルモンじゃなくて赤身をオーダーするのがマニア。しかねジャンボ系の赤身が絶品。一気に豪快にジュワッと両面を焼いて、溢れ出た肉汁をこぼさないようにガッツリ食べる。うんめーのなんの!

『幸永 本店』がずば抜けて激ウマ

『幸永 本店』がなんで伝説かっていうと、数十年昔からずーっと営業を続けていて、眠らない街・新宿で暮らす人地の胃袋を満たしてきたから。いまほど焼肉屋がない時代、あったとしても、『幸永 本店』がずば抜けて激ウマだった。それゆえ昔からのファンは多く、新宿の伝説的焼肉屋として君臨している。

練乳がたっぷりと詰まった苺は本格スイーツ店に負けない

デザートもかなり充実。オススメは練乳苺と桃のアイス。練乳がたっぷりと詰まった苺は本格スイーツ店に負けない美味しさ。ぜひとも『幸永 本店』の焼肉とスイーツを堪能してほしい。赤身、ジャンボ、忘れずに!

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧