ビットコイン、今晩の米GDPの影響と今後のレンジ【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコイン、今晩の米GDPの影響と今後のレンジ【仮想通貨相場】

著者 松田康生(まつだやすお)楽天ウォレットシニアアナリスト

東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

ポイント

・20,000ドル台から23,000ドル台に反発

・FOMCは予想通り75bp利上げ、議長のハト派発言もありリスクオン

・本日のGDPはどちらに転んでもBTCにはプラスか

・当面は22,000~25,000ドルのレンジ取引を予想

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は反発。

朝方21,000ドル(約285万円)割れでサポートされると、日中じりじりと値を戻し、FOMC後は23,000ドル台まで反発した。

BTCは、買い材料一服やFOMCに向けた警戒感もあり先週付けた24,000ドル台からじりじりとレンジを切り下げていた。

一昨日、コインベースの元従業員が新規上場銘柄に関するインサイダー取引で先週逮捕された件で、SECが対象銘柄を含む9銘柄について証券とみなして未登録証券の販売で同社を捜査しているとBloombergが報じたことを受け、火曜日のオープンから同社株が大幅安となり、米株の安寄りもありBTCは21,000ドルを割り込んだ。

しかし、その水準で下げ渋ると、米株クローズ後に発表されたマイクロソフトの決算で2023年の見通しが強かったことが好感され、リスクオンムードの中、BTCも21,000ドル台に値を戻していた。

注目のFOMCでは事前予想通りの75bp利上げとなると、リスクオンで米株が上昇、BTCも上昇。

更にパウエル議長が記者会見で、いずれ利上げのペースを落とすのが適切になる可能性が高いとしたことが好感され、BTCは一時23,000ドル台に回復した。

本日のBTC相場

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

いよいよ今晩FOMC、ビットコインはどうなる?【仮想通貨相場】
ビットコイン、じり安の背景と木曜日の米GDP速報【仮想通貨相場】
ビットコイン上昇一服、今後の展開【仮想通貨相場】

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧