塩見きら(神宿)の『わんだーないと』がクセになる可愛さ! “犬メイク”を手がけているアーティスト・Azusa Furihataに注目

access_time create folderエンタメ ガジェ通

人気アイドルグループ「神宿」のメンバーである、塩見きらさんの1stソロミニアルバム『トーキョー・コンティニュー』が発売・配信中。その中に収録されている楽曲『わんだーないと』のMVが公開となりました。

塩見きらさんソロ活動プロジェクトとなる『ROAD TO 24』は、2022年11月6日、24歳を迎えるその日に開催が決定した、恵比寿リキッドルーム公演ソールドアウトを目標に、ライブ活動やライブ映像コンテンツの配信など、塩見きらのアーティストとしての魅力をより広く伝えてゆくもの。この『わんだーないと』のMVでも、透明感のある塩見さんの歌声と、ポップでキュートでシュールな魅力が詰まった映像を楽しむことが出来ます。

【動画】塩見きら「わんだーないと」Music Video
https://www.youtube.com/watch?v=d-VhTtW9WIY

軽快なリズムにのって心地良く広がっていく塩見さんのボーカルに、「わんわんわん、わんだーないと」のフレーズが超クセになるこの楽曲。MVでは本物のわんちゃんとも共演。

わんちゃんを抱く、犬メイクの塩見きらさん! Tシャツにハーフパンツというラフな格好に、リアルな犬メイクというギャップがたまりません。

この犬メイクを手がけているのは、Azusa Furihata(MADMAKER)さん。特殊メイク、着ぐるみ制作、ネイルチップ制作、ボディペイントなど
様々なスキルを活かし、ドラマ、CM、MV、CDジャケット、YouTube等、幅広い分野で活動中のアーティストです。

Azusa Furihataさんは、特殊メイクユニットとして活動後、現在はソロで様々な作品を発信。特殊メイク以外にもネイリストとして活躍しており、特殊メイク×ネイルアートの組み合わせで活躍の幅を広げています。

▲「干支メイク」上から、子、丑、寅。

カラフルで時に毒々しく“MAD”な世界観を作るAzusa Furihataさんの作品たち。instagramではこの他にも様々な作品をアップ中です。

ネイリストとしても、単身渡米しニューヨークのネイルサロンに勤務するなど、ネイルの可能性を広げているAzusa Furihataさん。

まさに“身に着けるアート”といえる、見事な作品たちです。ネイルサロンで実際に施術しているネイルにも、これらの作品のエッセンスがつまっています。唯一無二の世界観が普段使い出来る形になっていて、どのネイルも見応えがあります。こちらもinstagramをチェック。

特殊メイクとネイルアート、2つの分野を融合し、どの様な作品を発表していくのか。これからの活動にも期待が高まります。

Azusa Furihata(MADMAKER)
https://madmaker.tokyo

access_time create folderエンタメ ガジェ通

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧