『アリス』の映画・アート・ファッション・ポップカルチャーを解説する「アリス-へんてこりん、へんてこりんな世界-」公式書籍が全国発売

access_time create folder生活・趣味

映画から舞台、ファッション、アート、写真、音楽までクリエイティブ・アートをけん引してきた『アリス』。現在、2022年7月16日より森アーツセンターギャラリーで開催中の「アリス-へんてこりん、へんてこりんな世界-」の公式書籍が発売!

本書は『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』の世界をアート、デザイン、パフォーマンスの面からとらえた、画期的な展覧会の公式書籍です。

物語の誕生をルイス・キャロルやアリス・リドゥルの人生を絡めて紹介し、19世紀から現在までの『アリス』に影響を受けた世界中の舞台、映画、 アニメーション、アート、ファッション、科学、ポップカルチャーを豊富な写真と詳細な解説で紹介していきます。

収録される図版はルイス・キャロル直筆原稿からテニエルの原画(版画の原板まで!)、キャロルが撮影したアリス・リドゥルの写真の数々、そして以下の偉大なアーティストたちの作品です。

ティム・ウォーカー、ヴィヴィアン・ウエストウッド、マックス・エルンスト、草間彌生、サルバドール・ダリ、ピーター・ブレイク、クリスチャーナ・S・ウィリアムズ、ティム・バートン、ジョナサン・ミラー、ヤン・シュヴァンクマイエル、ウォルト・ディズニー、ボブ・クロウリー、カトリーナ・リンゼイ、etc…

『不思議の国のアリス』ファンだけでなく、アートに興味を持つすべての人のための完全保存版! 本公式書籍は、全国書店でも発売予定。
展覧会会期中は、東京・森アーツセンターギャラリー、大阪・あべのハルカス美術館の両展覧会場でもお求めいただけます。

目次

序文
はじめに
不思議の国
アリスの成立
アリスを演じる
新たなアリス
アリスになる

注釈
参考文献
執筆者紹介
謝辞
図版クレジット
索引

【本書仕様】
タイトル: アリス-へんてこりん、へんてこりんな世界-
発売日:2022年7月28日発売
判型:B4変型判 224ページ
定価:本体3,100円+税
ISBN:9784768316191
アマゾン: https://amzn.to/3zfw2jg
出版元:株式会社玄光社

「アリス-へんてこりん、へんてこりんな世界-」
[東京会場] 2022年7月16日-10日10日 森アーツセンターギャラリー
主催:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、 朝日新聞社、 フジテレビジョン
[大阪会場] 2022年12月10日-2023年3月5日 あべのハルカス美術館
主催:あべのハルカス美術館、 ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、 朝日新聞社、 関西テレビ放送

関連記事:
ヤングオイスターや猫のダイナ、ドアノブも!おかしな世界へ誘う『ふしぎの国のアリス』新作ジュエリー発売
https://otajo.jp/88022

19世紀英国そのままの”アリス”の挿絵が素敵! ジョン・テニエル『不思議の国の塗り絵ブック』刊行
https://otajo.jp/55468[リンク]

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧