櫻井孝宏「演じてから違うルートに入った」おそ松役が人生に影響!?『おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~』舞台挨拶レポ

access_time create folder映画

大ヒット上映中の「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」の舞台挨拶が7月8日(金)に新宿ピカデリー、7月9日(土)にグランドシネマサンシャイン池袋にて開催され、キャスト&スタッフが登壇しました。

●「祝・封切り!一緒に公開初日を迎えよう登壇」
7/8(金) 19:15の回 上映後登壇  会場:新宿ピカデリー
登壇者:小高義規(監督)、松原 秀(脚本)、松野家6つ子、
MC 森雅紀

ついに7月8日(金)から全国劇場にて公開となった「おそ松さん」6周年記念新作アニメ第1弾「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」にて、7月8日(金)に新宿ピカデリー、7月9日(土)にグランドシネマサンシャイン池袋で舞台挨拶が開催されました。

7月8日(金)に開催された「祝・封切り!一緒に公開初日を迎えよう登壇」には、本作の監督を務めた小高義規(おだかよしのり)さん、脚本を務めた松原秀(まつばらしゅう)さん、そして松野家6つ子が登場。

小高監督はTVアニメシリーズにて長年にわたり演出を務めてきましたが、監督を担うのは今回が初めて。舞台挨拶に登壇するのも初めてとのことで、「ガチガチに緊張しています・・・!」と添えながらも客席に「楽しんでいただけましたでしょうか?」と問いかけると、客席は大きな拍手で応えます。

松原さんは小高監督の人柄を表すエピソードとして、2021年に開催されたイベント「フェス松さん'21」にて監督が涙を浮かべていた、という裏話を披露。「一体おそ松さんのどこで泣いたの!?と思った」という松原さんのツッコミに笑いが起きましたが、ファンの皆さんの楽しそうな様子を見て感動したという小高監督のトークには客席もほっこり。

制作中に苦労したポイントについては、松原さんが「おそ松さんは”重い”です!中々進まないです」と表現し、監督も強く同意。「全員がいいキャラクターをしているが故に、延々と続く6つ子達のやりとりをどこで終わらせたらいいのか悩んだ。自由さが一番面白いと思いつつ、同時に一番難しい。」と、おそ松さんならではの悩みを告白。客席も思い当たるシーンがあるようで、笑い声が漏れました。

アフレコには監督、松原さんともに立ち会っており、キャスト陣の演技には今回も感銘を受けたとのこと。アドリブを含めて全部が面白く、どのテイクを使用するかかなり悩んだという裏話も飛び出しました。

沢山のこだわりが詰め込まれた本作をもう1回観る際のマル秘ポイントとしては、監督が「散りばめられたオマージュ」、松原さんは「6つ子は果たしてどこで進むべき方向を間違えたのか?どの辺からダメなのか、もしくはダメじゃないのか‥?」を改めて観てほしいと語ります。

と、ここで松野家6つ子が登場。キラキラフルーツ風(!?)パネルをそれぞれに持参した6つ子がパネルを裏返すと、「6万回みてね」とのメッセージが登場。会場は大きな拍手で応えました。

その後のフォトセッションタイムも思い思いの行動で自由に楽しむ6つ子達の姿に客席は大盛り上がり。終始和やかな雰囲気のまま初日は幕を閉じました。

●「祝・公開2日目記念 舞台挨拶」
7/9(土) 18:50の回 上映前登壇  会場:グランドシネマサンシャイン池袋
登壇者:櫻井孝宏、入野自由、松原 秀(脚本)、MC 鷲崎健

公開2日目を記念して、7月9日(土)にグランドシネマサンシャイン池袋にておそ松役:櫻井孝宏さん、トド松役:入野自由さん、脚本:松原秀さんが登壇の「祝・公開2日目記念 舞台挨拶」が開催されました。

大きな拍手に迎えられて登壇した3人。「おそ松さん」が6周年を迎えた気持ちについて、”本作をライフワークにしていきたい”と、みんなで話していたという入野さんは、6年の時を経てもなお多くの方が劇場に足を運んでくれること、多くの人に支えられて色々な展開が実現していることへの喜びを語ります。

一方で櫻井さんは、「おそ松さん」と共に過ごした6年間は他の作品とは少し異なっていた、「おそ松」を演じたことで人生が変わったというか“おそ松を演じてから違うルートに入ったのではないか(笑)”と思うほど、人生的にも影響をしている作品であり役だ、と話します。

この作品はこれからもまだ続いていくし、きっと60歳を超えてもやってるんじゃないかな、と語る櫻井さんに対して、松原さんは「僕はもう喋ることがないです!(笑)」とのコメント。キャスト陣の「おそ松さん愛」に客席からも笑顔がこぼれます。

そして、櫻井さん・入野さん・松原さんは「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」の見どころを6文字にぎゅぎゅっとまとめる「6文字感想」にチャレンジ。それぞれスケッチブックに書いた答えを発表していきますが、入野さんは”作品を観終わった方の気持ち”として【なにがおきた】の6文字を披露。それを受けた松原さんの6文字は、【どこでズレた】。

と、ここで櫻井さんが急遽スケッチブックにペンを走らせ、回答を変更。その回答は・・・【アソコすごい】。これには会場からも大きな拍手が巻き起こります。さらに櫻井さんは「でも本当は、、」としてもう1枚、【あなたしだい】の6文字を披露。奇跡的なスペシャルチームプレーを披露した3人ですが、この6文字に秘められたメッセージは・・・是非劇場で受け取って下さい。

そして「6文字感想キャンペーン」は現在公式サイトでも開催されています。是非あなたの感想を6文字にぎゅぎゅっと詰め込んで投稿して下さい。

そして告知コーナーでは、入野が実際にグッズをデザインするプロジェクト「OSOMATSUSANグッズ開発室」の最新アイテムNEW ERAコラボキャップ・オリジナルベビースターラーメンの紹介も。

さらに、7/16(土)に6つ子キャスト全員(櫻井孝宏・中村悠一・神谷浩史・福山潤・小野大輔・入野自由)が揃って登壇する舞台挨拶「6つ子キャスト全員集合!2週目突入記念舞台挨拶」が全国劇場でライブビューイングされることが発表され、会場からは熱い拍手が起こりました。ライブビューイングチケットは現在発売中ですので、是非チェックして下さい。

7/16(土)「6つ子キャスト全員集合!2週目突入記念舞台挨拶」ライブビューイング実施決定!!

「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」の公開を記念し7月16日(土)に実施されるイベント「6つ子キャスト全員集合!2週目突入記念舞台挨拶」にて、登壇チケット大好評につきライブビューイングが決定しました!
6つ子キャストが勢ぞろいで登壇するイベントの模様を、全国の劇場にてライブビューイング中継いたします。
この機会に是非ご覧ください!

【ライブビューイング日時】
2022年7月16日(土)
・16:05の回 上映後登壇 ・18:45の回 上映前登壇
※劇場によっては、上映時間が多少前後する可能性がございます。各劇場HPをご覧のうえご来場ください。
※劇場によってはライブビューイング実施無し、または1回のみ実施の場合がございます。

【ライブビューイング実施劇場】
一覧:https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=hipipo
※8月5日(金)、8月12日(金)から公開を予定している劇場でも、先行上映を行います。
【登壇者】
櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山 潤、小野大輔、入野自由
※敬称略。登壇者は変更になる可能性がございます。
【鑑賞料金】
1,900円均一(税込/全席指定)
※各劇場、先着販売となります。
※チケット購入方法等の詳細につきましては、各劇場の公式ホームページ等でご確認ください。
※特別興行につき、各種前売り券・各種割引・サービスデイ・各種招待券・無料鑑賞券・無料鑑賞クーポンは、ご利用頂けません。

【週替わり先付けスペシャル映像】
ライブビューイング実施全劇場で、週替わり先付けスペシャル映像第2週目(おそ松&十四松)を本編前に上映いたします。

【入場者プレゼント】
ライブビューイング実施全劇場で、第2週目プレゼント「6つ子&ヒピポ オリジナルステッカー」(A5)を配布いたします。 ※先着順のため、配布状況によっては入場者プレゼントがない可能性もございます。

「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」6文字感想投稿キャンペーン開催中!!
【キャンペーン概要】
「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」を観た感想を「6文字」にぎゅぎゅっと詰め込んで投稿しよう!!
投稿してくれた方の中から抽選で豪華プレゼントも。
皆様のご参加お待ちしています!!
【キャンペーンページ】
https://hipipo-cp.com/

関連記事:
一松役・福山潤「同窓会に誘ってほしい!」と明かす 『おそ松さん』シリーズ通しての変化は自分の実感を入れて喋るようになったこと
https://otajo.jp/77377

中村悠一「カラ松の魅力は、カッコつけているのに隙だらけ」18歳の6つ子それぞれの印象も語る『えいがのおそ松さん』インタビュー
https://otajo.jp/77555[リンク]

作品情報

「おそ松さん」6周年記念作品【第1弾】
「おそ松さん~ヒピポ族と輝く果実~」
2022年7月8日(金)より全国公開中!!

どんな願いも叶えてくれる!? 6つ子が伝説の果実を求めて謎の島で大騒動を巻き起こす!
ある日、6つ子たちはダラダラと続く冴えない日常に終止符を打つべく、食べるとどんな願いでも叶うという“伝説の果実”を探す旅に出掛ける。その名は「キラキラフルーツ」。
偶然、ある島に辿り着いた6つ子たちが出会ったのは、奇妙な姿の「ヒピポ族」。
そこで彼らによって大切に育てられていた果実は、6つ子たちが探し求めていたキラキラフルーツだった…!?
はたして、「おそ松さん」史上最大のスケールで描かれる、欲望と波乱が渦巻く大冒険の行方は―!

【キャスト】
櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由、
遠藤 綾、鈴村健一、國立 幸、上田燿司、飛田展男、斎藤桃子 ほか

【スタッフ】
原作:「おそ松くん」赤塚不二夫 監督:小高義規 脚本:松原 秀 キャラクターデザイン:安彦英二
美術監督:田村せいき 色彩設計:垣田由紀子 撮影監督:福士 享、佐藤 陽一郎 編集:坂本久美子 音楽:橋本由香利 
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ 音響監督:菊田浩巳 アニメーション制作:studioぴえろ 
配給:エイベックス・ピクチャーズ 
オープニング主題歌 : 『はなまるぴっぴはよいこだけ 令和ver.』 / A応P
エンディング主題歌 : 『Ignition!!! feat. 松野家6兄弟 & ヒピポ族と赤塚区の仲間たち』 / PUNPEE
公式サイト:https://osomatsusan.com/hipipo 
「おそ松さん」公式Twitter:@osomatsu_PR

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧