ビットコインは下に往って来い 今夜はFOMC議事要旨【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ビットコインは下に往って来い 今夜はFOMC議事要旨【仮想通貨相場】

著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

5日のビットコイン(BTC)対円相場は11,867円(0.43%)安の2,736,006円と終値ベースではほぼ変わらず。ドル建てでは節目の20,000ドル(≒271万円)を僅かに上回った。

週明けのBTC相場は悪材料が続出した週末から一転して自律反発の様相で20,000ドル水準を回復。昨日は欧州時間にノルウェーの石油・ガス労働者によるストライキを受けた天然ガス価格急騰でユーロが急落しドルが急騰すると、BTCは上げ幅の殆どを解消したが、景気後退懸念で米長期金利も低下する中、米株が安寄り後に切り返し、BTCも反転。下に往って来いを演じた。

第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

「異常な円安」はBTC(ビットコイン)の価格に何をもたらすのか【仮想通貨相場】
XRP(リップル)、実は不安材料が少ない!?【仮想通貨相場】
微妙な位置で下げ止まったBTC まだあと一押しありそうな状況【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧