顔認証で決済して翌月の給与から天引き FaceMe利用の顔認証決済サービスをミニストップポケットに導入

access_time create folderデジタル・IT

サイバーリンクは、同社のAI顔認識エンジン「FaceMe」を使用した決済システムが無人コンビニ“ミニストップポケット”に導入され、実証実験を開始したことを発表しました。

この決済システムはシーエーシーが開発したもので、シーエーシー本社ビルに展開するミニストップポケットに導入。1100名のシーエーシー社員が利用可能になっています。交通系カードやクレジットカード、スマートフォン、現金などを持つ必要がなく、POSレジで商品をスキャンした後に決済画面で顔認証すれば購入が可能。購入した費用は翌月の給与から天引きされます。顔情報の事前登録は、自宅でもオフィスでもPCがあれば専用サイトから登録が可能で、登録された顔の特徴点がデータベースに保存され、決済時の顔認証に参照されます。

利用者からは「決済用アイテムを携帯しなくても買い物できるのが便利」「顔認証決済の専用サイトで、決済日時と利用額の一覧をリアルタイムで確認できるのが便利」というコメントが寄せられています。

FaceMeは、本人識別率99.7%の認識精度を持ち、認証速度0.2秒以下、認証角度左右60度、上下50度と認証速度、認証角度においても世界トップクラスの性能を誇る顔認証エンジン。FaceMeには表情を推定する機能もあることから、今後は顔認証時に“笑顔ポイント”(笑顔の度合い)を貯めて社内の福利厚生として利用するなどのアイデアも考えられるとのこと。

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧