プロシェアーズのビットコインショートETF、2日目に取引高が380%増加

access_time create folder政治・経済・社会
プロシェアーズのビットコインショートETF、2日目に取引高が380%増加

プロシェアーズによる初のビットコインショートETF(上場投資信託)は6月21日のローンチ時はスロースタートとなったが、2日目には取引高が380%増加してペースを上げた。

6月21日のローンチ時、プロシェアーズ・ビットコイン・ショート戦略ETF (BITI) の取引高は183,300株とさえなかった。ブルームバーグのETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏はツイートでBITIの取引高が「$BITOの取引高の1%未満である」 と指摘している。BITOはビットコイン先物ETFだ。

しかし、Yahoo Financeによると、翌日の取引量は約4倍の886,200株(約3620万ドル相当)に跳ね上がった。

BITIによって、投資家は自らBTCを保有せずにビットコイン市場でショートポジションを取ることができる。ショートとは、市場や資産の価値が下がる方に投資することだ。

プロシェアーズのマイケル・L・サピアCEOは、2日目の出来高が需要を示していると語った。

「BITIが市場で受け入れられていることは、ビットコインが値下がりした際に、仮想通貨を保有することをヘッジしたりできる、便利でコスト効率の良いETFに対する投資家の需要を裏付けるものだ」

プロシェアーズは、10月18日にローンチした「ビットコイン戦略ETF(BITO)」も提供しています。BITOの取引初日の出来高は約10億ドルだった。

11月までにBITOの出来高は全ETFの上位2%に入ったが、現在では開始以来でその価値の50.93%を失っている。

もちろん、3600万ドルは、BITO初日の10億ドルのロングポジションに比べれば、微々たるものだ。これは、ほとんどの投資家がここからさらにダウンサイドがあるかどうか不明であることを意味するかもしれない。過去30日間で、ビットコインは、その価値の30%以上を失った。

 


関連記事リンク(外部サイト)

”氷河”で遠のく大規模アップデート。ETH(イーサリアム)に待ち受ける未来は…【仮想通貨相場】
バイナンスUS、ビットコイン取引の手数料を無料に 「新しいユーザーをもたらす」
ビットコイン、FRB議長議会証言で分かったこと【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧