全米オープンで注目を集めたのはゴルフクラブに八つ当たりしまくりのアメリカ人選手 「結局何本のクラブを失ったわけ?」「子どもかよ」

access_time create folder動画

6月16日~19日まで米マサチューセッツ州ブルックラインのザ・カントリー・クラブでゴルフの全米オープン選手権が開催されました。

最終日となった19日に最も注目を集めたのは優勝したマシュー・フィッツパトリック選手ですが、もう一人別の意味で注目を集めた選手がいました。


https://twitter.com/WillBrinson/status/1538542458883252224

注目を浴びたのは、ミスショットの度にゴルフクラブに八つ当たりしてしまったグレイソン・マレー選手です。トリプルボギーとなってしまったこのホールでは、パターをぶん投げてしまいます。


https://twitter.com/WillBrinson/status/1538548103887847425

ラフにボールを打ち込んでしまったこのホールでは、まるで三振後のメジャーリーガーのようにクラブをへし折ります。

アメリカのスポーツ番組などで取り上げられた映像を目にした人たちからは次のような声が寄せられています。

・どのスポーツでもそうだけどプロなら感情のコントロールができないと
・殺人事件にならなかったのが救い
・結局何本のクラブを失ったわけ?
・ものすごくイラついてるね
・情熱的にプレイするのと感情的にプレイするのは違う
・ペナルティは?
・ボー・ジャクソン(元メジャーリーガー)を思い出した
・パター投げ捨てた後はどうやってプレイしたんだろう?
・そもそも品がある選手じゃないしね
・子どもかよ
・スポーツマンらしからぬ行動

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/WillBrinson/status/1538548103887847425

※ソース:
https://www.si.com/extra-mustard/2022/06/19/grayson-murray-us-open-tantrum-throws-club

(執筆者: 6PAC)

access_time create folder動画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧