アベンジャーズオタクのミズ・マーベル役に期待の新星・松岡美里が大抜擢! 「甘酸っぱい青春が観られる」と見どころを告白

access_time create folderエンタメ ガジェ通

マーベル・スタジオが新たに贈る最新オリジナルドラマシリーズ『ミズ・マーベル』がディズニー公式動画配信サービスディズニープラスにて独占配信中です。

アベンジャーズオタクの高校生カマラ・カーンがある日突然、力を手に入れ、ヒーロー〈ミズ・マーベル〉として目覚めていく本作。作中では、MCU ならではのアクションはもちろん、主人公の恋模様が描かれているが、ミズ・マーベルの日本版声優を務めた松岡美里さんは「演じながらキュンキュンしました」とアフレコ当時を振り返り、男友達や憧れの男性との関係を描いた青春ヒーロードラマの見どころを明かしています。

松岡が演じたのは、アベンジャーズが大好きで、中でもキャプテン・マーベルに憧れを抱くカマラ・カーン。恋や友人関係など、学生ならではの悩みに苦労する彼女は、周りと上手くなじめず、ヒーローになった自身の姿を妄想し日々を過ごしていました。そんなある時、夢にまで見たスーパーパワーを手に入れ、“ミズ・マーベル”として目覚めていく!

MCU 初参加にして見事主役を掴み取った松岡は、主人公について「カマラを見て思うのは、とっても人に恵まれているなと。感情を豊かに表現してくれるところが彼女の魅力であり、思春期ならではの甘酸っぱい青春が観られると思います!!私は演じながらキュンキュンしたり、胸が少しだけチクっとしたりしておりました。とってもかわいい関係が描かれているので是非ご注目ください!!」と感情移入してしまう本作の見どころを語っています。

特に、小さい頃から一緒に育ってきた幼馴染のブルーノ・カレッリは、両親の反対を押し切ってまでアベンジャー・コン(アベンジャーズファンによるコスプレコンテスト)に行こうとするカマラを手助けしては、両親とケンカし落ち込むカマラを励ますなど、彼女の心の支えとなる一番の存在。ブルーノの声を担当した新祐樹さん(「東京リベンジャーズ」花垣武道役など)は、役を演じる上で「ブルーノの自然体で魅力的なキャラクターをしっかりと引き出したいと思いました」と明かしており、その“自然体”な演技がクスッと笑ってしまうカマラとのユーモア溢れる会話劇を生み出しているのです。

幼馴染との仲睦まじい姿にも注目だが、カマラはカムランという憧れの男性に恋をしてしまう。カムランとの関係も今後のストーリーで明かされていくが、新が「(カマラは)恋をするときも全力です」と明かすように、ブルーノにカムラン…と彼女の青春を彩っていくキャラクターたちがカマラ
にどんな影響を与えるのか?MCU ではあまり描かれてこなかった女の子目線の胸キュンエピソードにもぜひ注目を。

松岡美里さんは、TV アニメのデビュー作で「映像研には手を出すな!」の主要キャラクター、映像研のメンバーでありカリスマ読者モデルの人気者・水崎ツバメ役に抜擢され、その後も「可愛いだけじゃない式守さん」で式守の友人・猫崎享役を務めるなど、今後の活躍にも期待ができる若手声優。そんな松岡が演じるカマラ・カーン=ミズ・マーベルは、念願の夢を叶えるも、家庭や学校、社会生活での様々な問題に加え、力を持ったゆえに、ヒーローとして最大の脅威に立ち向かわなければならないなど、次々と壁にぶつかっていく―。

(C)2022 Marvel

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ ガジェ通

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧