ボタンやスティックなど好きなデザインを選んで自分だけのXboxコントローラーをカスタマイズできる「Xbox Design Lab」が国内向けにサービスを開始

access_time create folderゲーム

マイクロソフトは6月10日、Xboxワイヤレスコントローラーのデザインをカスタマイズできるサービス「Xbox Design Lab」が、日本を含む11の国や地域で新たにサービスを開始したことを発表しました。


本体カラーだけでなく、ABXYボタン、トリガー、スティック、グリップなど合計10項目にわたって好きな色やデザインを選んで、Xboxワイヤレスコントローラーをカスタマイズして注文できるサービス。コントローラーはBluetooth接続したXbox Series X|S、Xbox One、Windows 10/11、Android、iOSのデバイスで使用できます。価格はベースの7678円に、有償のデザインオプションやカラーを追加した価格となります。

デザイン画面ではカスタマイズするパーツ別にデザインや色を選択して、ブラウザ上で回転やズームをしながらプレビューが可能。本体カラーではソフトオレンジ、ソフトピンク、ソフトグリーン、ソフトパープルといった新色、複数種類のカムフラージュやプライドといったデザインパターンが新たに追加されています。メタリックカラーのトリガーやDパッド、ラバー素材のグリップといった特殊パーツが選べるのもポイント。

サイト上では、特定のテーマでカスタマイズしたデザインも選択可能。「ELDEN RING」テーマのデザイン、ブラックと一部メタリックなデザートタンの組み合わせが激シブです……!

Xbox Design Lab
https://xboxdesignlab.xbox.com/ja-jp/

Xbox Design Labは今回、日本に加えてオーストラリア、韓国、ニュージーランド、シンガポール、チェコ共和国、ギリシャ、ハンガリー、ノルウェー、スロヴァキア、スイスで新たにサービスを開始。こちらを含む「Xboxが創造する次の20年を見据えたゲーミング プラットフォーム」と題したブログ記事では、サムスンの2022年モデルのスマートテレビでのXboxアプリの導入、クラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」の提供地域の拡大、EdgeブラウザやWindows 11のゲーミング環境への最適化、サブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」の今後の展開、といった内容が発表されています。

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderゲーム
local_offer

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧