コナミ新作『Frogger and the Rumbling Ruins(フロッガー 謎めきの古代遺跡)』、Apple Arcadeで配信

access_time create folderゲーム

コナミデジタルエンタテインメントは、1981年にリリースされたアーケードゲーム「Frogger」(フロッガー)のシリーズ最新作『Frogger and the Rumbling Ruins(フロッガー 謎めきの古代遺跡)』を、Apple Arcade(アップルアーケード)向けに、6月3日より配信する。

同作は、カエル族の冒険家フロッガーが遺跡に仕掛けられた立体パズルに挑みながら古代カエル族の謎を解き明かすパズルアドベンチャー。地形を操作し、数々のギミックをうまく活用してルートを繋ぎ、フロッガーをゴールに導いて行く。

「森の遺跡」「砂の遺跡」「理の遺跡」「水の遺跡」の、4つのダンジョンを進む、シンプルかつ直観的な操作の立体パズルで、配信時に搭載されているステージ数は100。隠されたお宝をコレクションしたり、遺跡の最深部では巨大なボスキャラクターが待ち受けていたりすることもあるという。

登場キャラクターはフロッガーのほか、遺跡を動かす不思議な力を持った迷子の妖精(?)「ウパ」や、金にはうるさいが、その情報網を駆使して冒険をサポートするイモリ族の商人「ニュート」も。

Apple ArcadeはiPhone、iPad、MacとApple TVでプレイ可能。同作はApple Arcadeにて独占配信され、1か月の無料トライアルの後、月額600円(税込)で楽しめる。Apple ArcadeはApple Oneの個人プラン月額1100円(税込)、またはファミリープラン月額1850円(税込)にも含まれており、Apple Oneには1か月間の無料トライアルが付属する。

Frogger and the Rumbling Ruins(フロッガー アンド ザ ランブリング ルインズ):
https://www.konami.com/games/frogger/rr/jp/ja/[リンク]

(c)Konami Digital Entertainment

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧