【逮捕】山口県阿武町の4630万円誤送金事件で田口翔容疑者逮捕「へずまりゅうもお手上げ」

access_time create folder政治・経済・社会

前代未聞の誤送金騒動。山口県阿武町が、町民の田口翔容疑者(24歳)に誤って新型コロナウイルス給付金4630万円を振り込んだトラブルだ。当初、田口翔容疑者は返金する意思を示していたものの、突如として返金拒否。断固として返金を求める阿武町と田口翔容疑者の闘いが始まっている。

へずまりゅうさんが4630万円を肩代わりする意向

そんななか、ユーチューバーとして知られている「へずまりゅう」こと原田将大さん(31歳)が、Twitterで田口翔容疑者に対して「俺がお前の4630万円肩代わりしちゃるけ皆んなにお金返さんか?」とコメント。お金を返さない田口翔容疑者に対し、へずまりゅうさんが4630万円を肩代わりすると断言し、注目を集めた。

ネットカジノでお金を使い切ってしまった可能性

そんななか、田口翔容疑者がネットカジノでお金を使っていたとの情報が報じられた。真相は不明だが、ネットカジノでお金を使い切ってしまった可能性が浮上。さすがにへずまりゅうさんも呆れたのか、Twitterにて以下のような反応を示している。

へずまりゅうさんのTwitterコメント

「ダメじゃ…4630万の田口翔はオンラインカジノで金を溶かすし お金配りおじさんの前澤さんは役にも立たないし てか前澤さんは人にプレゼントするぐらいなら山口県と言う一つの県を救って欲しいんやけど 流石に俺一人の負担じゃ翔や山口県を助けることができんわボケが」(引用ここまで)


電子計算機使用詐欺の疑いで田口翔容疑者を逮捕

へずまりゅうさんも音を上げている誤送金騒動だが、突如として動きがあった。2022年5月18日、電子計算機使用詐欺の疑いで田口翔容疑者を逮捕したのである。これにより、単なる騒動から事件へと出来事がシフトしたことになる。

今後の焦点は、しっかりと4630万円が阿武町に返金されるかどうか、という部分だろう。田口翔容疑者は弁護士をつけてマスコミ対応をしているが、はたして、どのような着地となるのか。大きな注目が集まっている。


※冒頭画像は警察のイメージです

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧