違法なプレイステーション改造工場に潜入した結果

access_time create folderゲーム

世間はプレイステーション5やXbox Series Xで盛り上がっていますが、品切れが続くなか、皆さんは購入できたでしょうか。ハードが進化するにつれ、ゲームを違法コピーしにくくなりゲームのイリーガルな世界が消えつつあるともいわれていますが、かつて無法状態だった時代がありました。

コピーしたゲームソフトを起動させるPS改造

かつてタイの首都バンコクには、通称「違法プレイステーション改造工場」とも呼ばれる市場がありました。いまにも崩れそうなバラック的な市場のなかで、プレイステーション系やXbox系、任天堂系のゲームハードの改造職人が働いており、「コピーガードを無効化する改造」や「コピーしたゲームソフトを起動させる改造」が行われていました。

通常の中古価格よりも高値で販売

特にPS系のハードが多く改造されており、通常の中古価格よりも高値で販売されていました。また、ハードを持ち込んで改造してもらうこともできます。市場に警察がガサ入れして、何度か閉鎖されたとの情報もありましたが、ちょっと期間を置いて、またオープン。何度も復活します。

違法コピーゲームソフト1本600円

この市場の凄まじい点は、改造したゲームハードの販売だけでなく、違法にコピーされたゲームソフトも販売されている点です。プレイステーション改造工場で、違法にコピーされたゲームも買えるのです。ゲームのタイトルに寄りますが、だいたいゲームソフト1本600円ほど。違法にコピーされたゲームソフトですので、改造したプレイステーションでしか遊べません。

違法にコピーされたゲームソフトが売れたしても、1円もゲーム業界に寄与しません。むしろ大損害に繋がります。ゲームハードのコピーガードを無効化する改造職人も、ほかのことにその技術を使ってほしいものです。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧