スーパーで半額シール貼られ待ちする人続出! 半額食品を取り合って客同士がケンカか

access_time create folder生活・趣味

スーパーマーケットに行くと、刺身、お肉、惣菜、お弁当などに半額シールが貼られていることがあります。閉店時間が近くなったり、賞味期限が近い商品に半額シールが貼られるのですが、皆さんも半額シールが貼られた食品、購入したことがあるのではないでしょうか。

半額勢にとって危機的な状況

最近、半額シールが貼られるのを待っている人が多くいるらしいです。つまり、よりお得に買うため、店員さんが半額シールを食品に貼るのを待っている、ということですね。一部のネット情報によると、あまりにも半額シールを待っている人が多いため、半額ではなく30%引き(3割引き)のシールしか貼らなくなったとのこと。半額勢にとって危機的な状況です!

日本の貧困化を危惧する声

いつくかのインターネットサイトではこの現象に対して、お金がない日本人や、日本の貧困化を危惧する声をあげていますが、半額シールや割引シールを待つ人が増えたとしても、必ずしも貧困とはいえないかもしれません。インターネット上では、以下のような声があがっています。

<インターネット上の声>
「昨日の夜ご飯は半額で60円でした」
「スーパーの半額メシに俺はうるさいよ?」
「スーパーで買った半額の寿司が身に染みるなあ」
「半額食品を取り合って客同士がケンカしてる」
「スーパーで買った半額弁当を主食にしている人は信用できるよ」
「そろそろ半額食品がスーパーで増えはじめる時間帯ですなあ」
「私はスーパーで売ってる半額弁当(160円)を毎日食べています」
「スーパーで売ってる半額弁当見つけたら迷わずカツ丼買うよな」
「半額の塩おにぎり3個も買えてウキウキだよ」
「スーパーで半額になってた刺身は最高だなあ」
「夜中に食べるスーパーで買った半額のパック寿司うめぇ」
「妻が買ってきた半額シールが貼られてるスーパーの肉を二人で食う」

割引を求める行為は「堅実」

SNSなどを調べてみても、半額シールや割引シールに対するネガティブな声は少なく、どちらかといえば、肯定的な声が多いと感じました。確かに、半額シールが貼られるのを待つ行為は、一部の人にとって日本の貧困化をイメージさせるかもしれません。しかし割引を求める行為は「堅実」ともいえるわけで、それがたとえ富裕層だろうと誰であろうと、よりお得に食品を求める気持ちは同じなのではないでしょうか。

定価と半額の差は大きい

そもそも、「あと5~10分待てば半額(割引)になる」とわかっていれば、半額になってから買おうと思うのは当然でしょう。800円の弁当が400円、400円の弁当が200円になるわけで、その差は大きいですし、食費の節約になります。皆さんは、半額シールが貼られるのを待つ行為に対し、どのように思いますか?

※画像はフリー素材です
※掲載しているネット上の声はSNSや世間等のコメントを要約したものです

(執筆者: クドウ@食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧