「石鹸は食べないでください」 Uber EatsのスーパーボウルCMに対して米政府機関が注意喚起

access_time create folderエンタメ

2月13日に開催された第56回スーパーボウルの試合中に放送されたUber EatsのCMが、アメリカ政府機関の目にとまってしまったようです。

Uber Don’t Eats(YouTube)
https://youtu.be/Ri-rXPw5Cnk

Uber EatsのスーパーボウルCM「Uber Don’t Eats」がこちらとなります。ジェニファー・クーリッジ、トレバー・ノア、グウィネス・パルトロー、ニコラス・ブラウンといった著名人が次から次へと“食べられないもの”を口にしていく内容となっています。

これは食べ物以外(non-edible items)も配達するようになったことを告知するのが目的のCMです。


https://twitter.com/USCPSC/status/1493043342732574720

このCMを目にした人たちに誤ったメッセージが伝わらないよう「石鹸は食べないでください」という注意喚起のツイートをしたのが、アメリカの消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission)という政府機関です。

SNSには次のような声が集まっています。

・Uber EatsのCM観て食べられないものを食べる人が続出してるの?
・〇〇するな!って言われると逆にやっちゃう人が出てくるものだよ
・遊びで洗剤飲むのも流行ったからね
・こういうアナウンスしなきゃいけないのが信じられない
・政府に指図されたくないね
・Uber EatsのCMに対するアメリカ政府のリアクションがこれ
・何を食べるかは私の自由です
・バカは淘汰されるもの
・上司でもないくせに命令するな
・胃の中を洗いたいんですけど
・アメリカ人じゃないボクは食べても大丈夫だね

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=Ri-rXPw5Cnk

※ソース:
https://www.uber.com/newsroom/super-bowl-2022/
https://www.foxbusiness.com/lifestyle/uber-eats-super-bowl-2022-ad-response-federal-agency-do-not-eat-soap

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧