「ミウラ」を開発したレース界の偉人「ダラーラ」! 集大成で生み出した市販スポーツもまた圧倒的だった

access_time create folder生活・趣味
「ミウラ」を開発したレース界の偉人「ダラーラ」! 集大成で生み出した市販スポーツもまた圧倒的だった

この記事をまとめると

■ダラーラ・アウトモビリ社は自動車エンジニアのジャンパオロ・ダラーラによって設立

■F3のシャシーコンストラクターとしてモータースポーツ界では有名となった

■ジャンパオロ・ダラーラの想いを具現化した公道仕様車両も発売している

超一流のシャシーコンストラクターとして名を馳せた

 レーシングカーのシャシーコンストラクターとして「ダラーラ」の名前を耳にしたことはあるだろうか? 日本でダラーラ製のシャシーを目にするようになったのは、1990年代のF3だったが、同社はこれより20数年ほど長い歴史を持っていた。

 ダラーラ社は、その名のとおり、創始者ジャンパオロ・ダラーラの名前に由来するもので、ダラーラ自身も博士号を持つ自動車エンジニアである。

 ミラノ工科大学を卒業したダラーラは、まずフェラーリ社に入社することになる。ここでカルロ・キティの配下で働いた後、マセラティに移籍してレース業務に従事。そして、4輪事業創業間もないランボルギーニ社にスカウトされ、初期のランボルギーニ社一連のスポーツカーの開発を手掛けることになる。この時代のよく知られた車両としては、同社の傑作、芸術作品と評されたミウラの存在が光っている。

ランボルギーニ・ミウラとジャンパオロ・ダラーラ

 ダラーラは、その後さらにデ・トマソ社に移籍したが、1972年に独立して「ダラーラ・アウトモビリ社」を設立。

 彼の足取りを振り返ると、業務として市販車の開発に専念していたが、本心は常にモーターレーシングに顔を向けていたことが読み取れる。ダラーラ社として独立後は、ランチア社の競技車両開発を請け負い、ストラトス(グループ4)やベータ・モンテカルロ・クーペ(グループ5)を送り出している。

ランチア・ストラトスのフロントスタイリング

 そして1978年、自社ネーミングのフォーミュラシャシーを開発してF3レースに参戦。ダラーラは、デ・トマソ時代にフランク・ウイリアムズと知己を得、同チームのマシンモディファイ、さらにはウイリアムズチームのオリジナルマシン、FWシリーズの誕生に携わってきた経緯があり、フォーミュラシャシーについては十分なノウハウを持っていた。

1978年にダラーラ・アウトモビリが開発したF3マシンの走行シーン

 ダラーラ社のF3シャシーは、1980年代、そして1990年代と時代を追うごとに、深く市場へ浸透していった。

ついに理想のロードゴーイングスポーツを作り上げる

 レース市場で生き残る、あるいは成功する秘訣は「勝利」以外になく、ダラーラシャシーがラルト、レイナードなどと競合しながら最終的に寡占市場を築いた理由は、信頼性が高く速いシャシーだったからにほかならない。こうした流れは、2000年代に入ってからも続き、GP2(現FIA F2)、GP3(FIA F3)をワンメイク化するほどの信頼性を勝ち得ている。

ダラーラ・アウトモビリのF3の走行シーン

 また、F1には1988年からスクーデリア・イタリアのシャシーコンストラクターとして参戦。スポーツカーレースの分野では、ランチアLC1(グループ6)、ランチアLC2(グループC)、フェラーリ333SP(LMプロト)などの開発を手掛け、レース市場から優秀にして信頼の置けるコンストラクターとして高い評価を得るようになったのは、この時代の実績がその根幹となっている。

ランチアLC1のフロントスタイリング

 こうしてダラーラの歴史を振り返ってみると、個人としては自動車メーカーで量産車の開発作業に従事してきたが、独立して企業を率いる立場となってからは、レーシングコンストラクターとして名を成したと見てよいが、2015年、自身のエンジニア人生の集大成として、ロードゴーイングスポーツカーの開発を企画した。1972年に独立して以来、43年目にしてダラーラ社初となる公道走行用車両のプロジェクトである(ダラーラ社としては、ブガッティ・シロンの開発にも関与)。

ダラーラ・ストラダーレのフロントスタイリング

 開発コンセプトは、ダラーラが自動車に対して込めた想い「公道、サーキットを問わず、走る歓びをファンに伝えたい」を具現化したもので、2.3リッター直4ターボ(400馬力)に855kgの軽い車重の組み合わせは、スポーツカーを名乗りながら最高速度に偏重した性能設定のために700〜800馬力級のエンジンパワーに1600kg前後の重車重を持つスーパースポーツカーとは、明らかに異なる軽快な運動性能を持つ車両として作られていた。

 俊敏で軽快なフットワーク、しかしながら、動力性能は400馬力のエンジンパワーに支えられた一級品。究極の運動性能、旋回性能を目指しながら、現代のスポーツカーとしてトップゾーンに位置できるエンジンパワーを与えた車両企画は、長年、サーキットという究極の場で、レーシングカーを作り続けてきたダラーラならではのスポーツカーコンセプトと言えるものだった。

ダラーラ・ストラダーレのリヤ走行シーン

 若くしてランボルギーニやフェラーリの高性能スポーツカーを手掛け、充実期をトップレーシングコンストラクターとして手腕を振るい、そして、その集大成期に両者の長所を合わせ持つ、もっとも自分らしいロードゴーイングスポーツを作り上げたジャンパオロ・ダラーラ。彼こそ、尊敬すべき、そしてもっとも愛すべき自動車エンジニアではなかろうか。


関連記事リンク(外部サイト)

車名は「牧場の名前」! 伝説のスーパーカー「ランボルギーニ・ミウラ」とは何者なのか?
「こんなの作ってたの?」感満点! 「ランボルギーニ」のマイナー車6選
職業ドリフト・アーティスト! モータースポーツではイマイチだった「カリスマドライバー」ケン・ブロックって何者?

access_time create folder生活・趣味
local_offer
WEB CARTOP

WEB CARTOP

自動車情報総合誌『CARトップ』のWebサイトです。最新の自動車ニュース、新車情報、新車試乗記をお届けします。

ウェブサイト: https://www.webcartop.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧