上白石萌歌、“ゴースト”チョコプラ松尾の姿に大爆笑

access_time create folderエンタメ
上白石萌歌、“ゴースト”チョコプラ松尾の姿に大爆笑

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』大ヒットバレンタインデーイベント

上白石萌歌を挟んで長田とゴーストに扮した松尾(右)

上白石萌歌とチョコレートプラネットが8日、都内で行われた映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の大ヒットバレンタインデーイベントに登壇した。

本作は『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』の正統な続編。上白石は主人公フィービーの日本語版吹替声優を務めた。

2月4日に封切り。「無事公開され、すでにたくさんの方に観ていただいているようでとても嬉しいです」と感無量の様子。実写版声優は初挑戦。「普段身体や表情を使ってお芝居をしているので、声だけでお芝居をする吹き替えは普段とは異なる筋肉を使うのでとても新鮮でした」

この日は大の「ゴーストバスターズ」ファンというチョコレートプラネットが登場。松尾は「ゴーストバスターズ」ロゴマークのゴーストに扮して登場。会場からも笑いが起きた。

上白石も「あんまり怖くはないけど…作り込まれていますね。顔を真っ白に塗るのにどれくらい時間がかかったのか気になります」と笑顔を見せた。

日本語吹替版を観たという松尾は、「萌歌さんの声が主人公のフィービーにピッタリで、萌歌さんが吹き替えをしていると知りながら観に行ったのに、観終わったときに『フィービーの声は誰が演じてるの?』と聞いてしまいました」と絶賛した。

この日は、一足早いバレンタインイベントということでミニ・マシュマロマン型のマシュマロとチョコレートファウンテンが登場。上白石が“ミニ・マシュマロマン”を熱々のチョコレートにつけて頬張り笑顔を見せた。


関連記事リンク(外部サイト)

松山ケンイチ、濃厚接触疑いで欠席も電話で登場「一人寂しいです」
藤原竜也ひとり舞台挨拶も…松山ケンイチが電話で参加「ちょうどお風呂を…」
神サイ、Major 1st Full Album全曲のトラックリスト&ダイジェスト映像公開

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ
local_offer
Music Voice

Music Voice

音楽シーンに関わる文化、エンターテインメントを、読んで楽しんでいただくことを目的に、取材および執筆、編集活動をおこなっています。現場でなければふれることのない感覚、人々の声、音など、その場で感じた雰囲気や空気感、読者が知りたい情報、作者が込めた想いを、伝えていきたいと思います。

ウェブサイト: https://www.musicvoice.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧