<フル>「お兄さんたちについて行く」神木隆之介 凛々しいシーツ姿で敬意 @映画『ノイズ』初日舞台挨拶

access_time create folder動画

今月28日、東京の丸の内ピカデリーにて、映画『ノイズ』の初日舞台挨拶が行われ、キャストの藤原竜也さん、松山ケンイチさん、神木隆之介さん、永瀬正敏さん、黒木華さん、監督の廣木隆一さんが登壇しました。

本作は、国内のみならずヨーロッパでも人気を誇る鬼才・筒井哲也さんがグランドジャンプで連載していた全3巻のコミックが原作。『鬼気迫る緊張感、衝撃のサスペンス!』と絶賛されました。

物語は、主人公たちが凶悪犯を誤って殺してしまい、死体を隠すところから始まるという、これまでにあまりない展開を描く、新感覚サスペンスです。

会場に集まったのは、すでに映画を観終わったお客さん。
藤原さんは「公開初日を迎え本当に嬉しいし、この日まで皆で宣伝をしていたけど、(ネタバレになるため)言えない部分もいっぱいあった。神ちゃんとどうしたとか、マツケンとどうなったかとか。喋りたくても喋れないことが多かったが、今は楽になった。来てくださった方には感謝しかない。」と喜びつつ、物語がようやく語れることになった状況に肩の荷が降りた様子でした。
松山さんは「2つだけは(ネタバレになるため)喋るなと言われている部分があるので、竜也さんがそのまま言っちゃわないか心配。(映画を観て)笑ったと言う人もいたので、どの点が笑えたか知りたい。」とコメント。
神木さんも、これまでネタバレには注意していたようで「僕も取材とかで気をつけならがら答えていた。どこまで言っていいか?どういう表現をすればいいか?考えながら喋っていた。だけど僕は基本的には、お兄さん2人について行き、お兄さんたちがここまでお話しているならここまで言っていいかなと、基準にしていた。」と振り返り、藤原さんと松山さんに敬意を表しました。ちなみに神木さんは、劇中で2人の弟的存在の新米駐在員を演じる。

会場には永瀬さんが、ロケ中に撮影した写真が投影。
藤原さんと松山さんが自主練をしている写真や、セットの一部を映した写真が写されると、出演者は思い出を振り返りながらコメント。

最後に映されたのは、神木さんの笑顔の写真。
映画を観た人にとっては、この表情がまたちょっと違うことが感じ取れるそう。
その理由を神木さんは「僕も映画の中では一切笑わないんです。隠蔽した身でそれをずっと抱えて過ごさなきゃいけないので。僕も(この写真を撮ったとき)久しぶりに笑ったなと思う。一瞬だけでも共犯というプレッシャーが解けた写真。」と説明し、撮影中は「今回はあまりできない役を経験させてもらったので、監督頼りだった。監督がOKならばいいと指針にしていた。『ダメだと思ったらすぐに言って下さい』と言っていたくらい、僕は監督に頼らなければ出来なかった。」と廣木監督に感謝しました。

映画『ノイズ』は大ヒット上映中!
配給:ワーナーブラザーズ 映画
©︎筒井哲也/集英社©️2022 映画『ノイズ』製作委員会

The post <フル>「お兄さんたちについて行く」神木隆之介 凛々しいシーツ姿で敬意 @映画『ノイズ』初日舞台挨拶 first appeared on フィールドキャスター.

関連記事リンク(外部サイト)

「弁当が当たった!?」藤原竜也、松井ケンイチが“しかめっ面” @映画『ノイズ』初日舞台挨拶
53歳!?鈴木京香の美ボディに釘付け。「サントリー セサミン EX」新TVCM
ハラミちゃんが弾く「ラジオ体操の歌」が沁みる・・・。かんぽ生命 新TVCM『うごかそう、みんなで。』篇CM・メイキング

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder動画
local_offer
フィールドキャスター

フィールドキャスター

芸能イベントを記者が取材・編集!動画ニュースを配信!フィールドキャスターはオリジナル動画で最新のニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://fieldcaster.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧