ついに国内仕様が初披露! Z432Rオマージュも! 新型日産フェアレディZに注目【東京オートサロン2022】

access_time create folder生活・趣味
ついに国内仕様が初披露! Z432Rオマージュも! 新型日産フェアレディZに注目【東京オートサロン2022】

限定モデルは696万6300円から!

 年始の風物詩となっている、世界最大級のカスタマイズカーショー「東京オートサロン2022」。日産自動車では、話題の新型フェアレディZ国内仕様が初披露された。6月下旬より発売されることも発表した。


国内仕様のフェアレディZ限定モデル

レーシングドライバーが車両開発に参加

 新型フェアレディZは、2021年8月にニューヨークで初めて市販仕様が披露されていた。今回、待望の国内仕様のスペックなども公開されたことになる。新型フェアレディZは、先代の3リッターV6NAエンジンから、同じ3リッターV6エンジンであってもツインターボに変更。Z32型以来のターボ車となる。

 ブースに登場したのは、ブルーとイエローの2台。イエローは、2020年に披露されたプロトタイプをオマージュした240台の限定モデル「Proto Spec(プロトスペック)」。イカズチイエロー&スーパーブラックの2トーンボディカラーに始まり、ブレーキキャリパーやインテリアの各種ステッチもイエローで統一している。ホイールも専用カラーとなり、特別感を強調した1台だ。

限定モデルのサイドビュー

 会場では内田 誠社長、KONDO Racingの近藤真彦監督によるトークショー、新型フェアレディZのCPSを務めた田村宏志さんと日産のワークスドライバー松田次生選手によるトークセッションも開催。オンラインでその模様が中継された。

社長と近藤監督

 近藤真彦監督は、幼少期に近所の初代S30型を眺めてから小学校へ通っていたというエピソードを披露。松田次生選手もGT-Rのイメージが強いかもしれないが、4WDの最強がGT-R、FRの最強がZという思いがあり、S31改とZ33を愛車にしていると、フェアレディZに対する愛を存分に語っていた。

Zを語る近藤監督

 松田次生選手は車両開発にも携わっており、レーシングドライバー目線で提案した「メーター」は、ほぼそのままの形で採用されたという。未来のZオーナーは、レーシングドライバーのノウハウが注ぎ込まれたメーターにも注目してほしい。

松田次生選手こだわりのメーター

早速カスタマイズ仕様も登場!

 また、ステージ上には早速フェアレディZのカスタマイズ仕様が展示された。Z432Rをオマージュしたオレンジのボディカラーやボンネットの2トーンカラー、専用デザインのフロントバンパー、大型リヤスポイラーにオーバーフェンダーという、往年のファンも喜ぶ仕立てに。

参考出品されたカスタム仕様

 松田次生選手も、この仕様が欲しい、深リムのホイールがカッコいいと絶賛。田村宏志さんも、皆さんにたくさんZを買ってもらい、需要があれば検討します、とコメントした。

カスタム仕様のZのリヤビュー

 新型フェアレディZは、6月下旬のプロトスペックを皮切りに通常仕様も発売される。ベースグレード、バージョンS、バージョンSTと先代モデルを受け継ぐグレード構成となり、全グレードにMTとATが用意される。一体どのような走りを見せてくれるのか? 新型の走りに期待大だ。


関連記事リンク(外部サイト)

各所で絶賛! それでもまだ過小評価といえるほど「走ってイジる」のに「スイフトスポーツ」が最強な6つの理由
「GT-R」とガチバトルも!! 話題の新型「ランクル300」が北の大地でサーキットを爆走
アルファードのおすすめカスタムパーツとは?価格やカスタム例をご紹介

access_time create folder生活・趣味
local_offer
Auto Messe Web

Auto Messe Web

クルマのカスタマイズ、キャンプ、福祉車、モータースポーツ、純正オプションパーツ、旧車といった、自動車に関する「知りたい」を分かりやすく紹介するニュースメディアです。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧