松本潤、劇場版『99.9』は「スタッフ一同が夢を乗せる映画」

access_time create folderエンタメ
松本潤、劇場版『99.9』は「スタッフ一同が夢を乗せる映画」

『99.9‐刑事専門弁護士‐ THE MOVIE』大ヒット御礼舞台挨拶

松本潤(撮影・木村武雄)

松本潤、香川照之、杉咲花、西島秀俊、道枝駿佑、蒔田彩珠が15日、都内で行われた映画『99.9‐刑事専門弁護士‐ THE MOVIE』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

TBSテレビで2016年、18年に放送され反響を呼んだドラマの劇場版。個性豊かな弁護士たちが、99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく。劇場版では15年前に起きた事件の真実に迫る。

ドラマシリーズから続投の松本潤、香川照之に加え、シリーズ初参加の杉咲花。松本は主人公の弁護士・深山大翔を、香川は深山が所属する法律事務所所長・佐田篤弘を、杉咲は同事務所に所属する新米弁護士・河野穂乃果を演じる。

今回「99.9」初参加となる西島秀俊、道枝駿佑(なにわ男子)、蒔田彩珠。深山たちが挑む事件に深く関わる謎の弁護士・南雲恭平を西島、事件が起きた村で深山たちが出会う青年・重盛守を道枝、南雲の娘で天才ピアニスト・南雲エリを蒔田が演じる。

映画の反響をSNSや、友人から聞き実感しているという松本。この映画の魅力を一言で表すなら「スタッフ一同が夢を乗せる映画」とし、その理由を「キャスト陣もそうですが、スタッフの皆さんも気持ちを前向きに『こんなことをやったら面白いかな』とか『こんなことできないかな』と、最後の最後まで諦めずに何がベストなのかを探り続けている現場。エンタメがきょうみたいにたくさんの方に届けられることを願って、少しでも楽しんでもらえたらとみんなが行動して、映画に乗せて、思いを伝えようとしていることを現場で感じて、『皆さんにこうして届いてくれて』というのが感じられるのが嬉しいですね」と喜び、更にこの作品の世界に観客が「入りたいなと思ってもらえる距離感だったらいいですね」と語った。

この日は榮倉奈々や木村文乃ら歴代キャストからビデオメッセージが寄せられた。聞いていなかったと驚く松本は「嬉しい」とし、「座長らしいことは何もやっていないと思うので、そう聞いてびっくりしています」と驚いた。

先日の完成報告会では、出来栄えを聞かれ「99.9です」と答えていた松本。こうして公開され、大ヒットを迎えた今、改めて点数をつけるなら…「100でしょ!100になりました。皆さんのおかげです。この先110、120、130にするのは皆さんです」と呼び掛けた。

この日の観客の中にはすでに11回も観たという人もおり、それを聞いた松本は驚きながらも喜んでいる様子だった。


関連記事リンク(外部サイト)

道枝駿佑の“涙”絶賛、香川照之「感動を担った」松本潤「この役は難しい」
ACIDMAN、12th アルバム『INNOCENCE』を携え全国ツアー開催決定
GRANRODEO、9th Album「Question」発売&ツアー開催決定

access_time create folderエンタメ
local_offer
Music Voice

Music Voice

音楽シーンに関わる文化、エンターテインメントを、読んで楽しんでいただくことを目的に、取材および執筆、編集活動をおこなっています。現場でなければふれることのない感覚、人々の声、音など、その場で感じた雰囲気や空気感、読者が知りたい情報、作者が込めた想いを、伝えていきたいと思います。

ウェブサイト: https://www.musicvoice.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧