ハト派FRB当局者らの発言でBTC反落 それでも底固めが見えてきたか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
ハト派FRB当局者らの発言でBTC反落 それでも底固めが見えてきたか【仮想通貨相場】

 

著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

13日のビットコイン(BTC)対円相場は182,015円(3.61%)安の4,864,310円と反落し、前日の上げ幅を解消した。

12日の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比で7.0%と市場予想と合致したことで、米連邦準備制度理事会(FRB)が追加で引き締め政策を行うとの懸念が和らぎ、BTCは500万円台を回復し、今月6日ぶりに508万円まで戻した。13日の東京時間には一時500万円まで押す場面があるも、節目の水準で買い支えられ、揉み合いに終始。その後、米卸売物価指数(PPI)も概ね市場予想と合致したことで、相場は508万円上抜けを試すも、FRBの中でハト派として知られるブレイナード理事やシカゴ地区連銀のエバンス総裁らからタカ派発言が相次ぎ株価が反落すると、BTCも連れ安となり500万円を割り込んだ。

相場は一時、12日に上抜けした短期ソーサーボトムのネックラインが走る43,000ドル(≒491万円)で下げ止まるも、米株が一段と安くなるのを眺め同水準をも割り込み、前日の上げ幅を完全に掻き消した。

第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

続きはこちら

本記事の見識や解釈は著者によるものであり、コインテレグラフの見解を反映するものとは限らない。


関連記事リンク(外部サイト)

時価総額1兆円を割り込んだBCH(ビットコインキャッシュ) 割安感は買いのサインか?【仮想通貨相場】
伸び悩むビットコイン、今後の注目材料は?【仮想通貨相場】
XRP(リップル):雲の捻じれ間近!―基準線攻略で形勢逆転なるか【仮想通貨相場】

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧