太平洋の島国トンガ、ビットコイン法定通貨化の議論浮上

access_time create folder政治・経済・社会
太平洋の島国トンガ、ビットコイン法定通貨化の議論浮上

 

ビットコイン採用のドミノが続くのだろうか。太平洋の島国であるトンガでも、エルサルバドルのようにビットコイン(BTC)を法定通貨にしようという議論が起こっている。

トンガの政治家であるフシトゥア卿はツイッター上で、ビットコインの法定通貨を進めるための計画を示した。フシトゥア卿はツイッター上で、ビットコインの法定通貨に至る5つのステップを紹介している。トンガがエルサルバドルの後に続くことになれば、トンガの10万人以上の人々がビットコインネットワークに参加することになる。

フォローアップのコメントによれば、エルサルバドルをモデルとして進められ、「エルサルバドルの法案とほぼ同じものにある」という。

フシトゥア卿が示したステップによれば、今年9~10月に法案を議会に提出し、順調にステップが進めば、今年11~12月にはBTCの法定通貨化が実現できるという。

トンガでのビットコインの法定通貨化の計画を受け、ビットコインコミュニティからの質問や喜びの声がツイッター上でやり取りされた。

ツイッター上でのやり取りの中で、フシトゥア卿は法定通貨としてBTCが採用されれば、送金コストの大幅な削減となり、トンガ国民の可処分所得が30%増加するだろうと予測している。

送金問題の解決というのは、エルサルバドルにおけるBTCの法定通貨化を推し進める要因の1つであった。トンガはオーストラリアやニュージーランド、米国などからの送金に大きく依存している。実際、国際金融公社(IFC)は、トンガが送金で受け取る収入は世界の中でも高い比率を占め、家計収入の最大30%になると推計している。

 


関連記事リンク(外部サイト)

韓国中銀、CBDCのテストプロジェクトにカカオとコンセンシスのチームを選定
欧州委員会、仮想通貨送金で追加情報収集を義務付ける新提案を提出
世界第5位のマイニングプール、中国を離れカザフスタンへ

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧