ロッジ型テント×カーサイドタープ。ogawaの魅力を凝縮した新作テントに注目!

access_time create folder生活・趣味
ロッジ型テント×カーサイドタープ。ogawaの魅力を凝縮した新作テントに注目!

40年以上の歴史を持つ「オーナーロッジ」など、いわゆる“鉄骨テント”のクラシックなスタイルが再び人気を集めている、日本発の老舗アウトドアブランドogawa(オガワ)。そんな人気の鉄骨テントをクルマと連結してカーサイドで使えるという、オガワらしさを凝縮したニューアイテムが誕生した。

ogawa「Car Side Lodge」¥85800

オガワと言えば、オーナーロッジのほかにもピルツ、アポロンなどヒット作を出し続けるメーカーだが、そんなラインナップの中でも隠れた人気シリーズと言えるのが「カーサイドシリーズ」。そんなカーサイドシリーズが発売から20年という節目を迎える2022年に誕生したのが、オガワの象徴でもある鉄骨テントとカーサイドシリーズを組み合わせた、まさにオガワにしか作れないアイテム「カーサイドロッジ」だ。

カーサイドロッジは、車高170~200cm程度のクルマと連結して使えるスチールフレームのロッジ型シェルター。オーナーロッジのシンボルともいえる格子窓ももちろん健在だ。

これまでのカーサイドタープなどと比べると、室内のデッドスペースが少なく、居住性に優れているのが魅力。さらに、別売のラチェットポールを使えば、サイドを張り出した開放的なスタイルも楽しめる。また、全面に大型メッシュを装備しているので、通気性もバツグンだ。

クルマと連結せずに単体でシェルターとして使うことも可能。オートキャンプや車中泊ではカーサイドで、それ以外ではテントと組み合わせてシェルターとして、活躍の場は広そうだ。

カーサイドロッジは、2022年2月に発売予定となっている。

【SPEC】
サイズ:310×230×H208cm
収納サイズ:82×28×40cm
重量:総重量(付属品除く)…15.6kg/付属品重量…約2.65kg
素材:フライ…ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)/フレーム…スチールφ22mm
付属品:ライナーシート、タープ用吸盤フック、張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

(問)キャンパルジャパン tel:0800-800-7120 https://www.campal.co.jp

 


関連記事リンク(外部サイト)

グレゴリー×ネクサス セブン。人気コラボ第2弾は、難燃&オールブラック仕様の4モデル。
素材アレンジで大人顔になったキャンパス80s。アディダス × アーバンリサーチ最新作。
ルノーが今春導入予定の新型ハイブリッドSUV「アルカナ」を展示!【東京オートサロン2022出展情報】

access_time create folder生活・趣味
local_offer
GO OUT WEB

GO OUT WEB

アウトドアファッション雑誌「GO OUT」の公式情報サイト。ファッション&アウトドアギアの最新ニュース、キャンプ・フェスなどの外遊び情報、アウトドア的お部屋ライフまで、どんなフィールドでもおしゃれに自分らしくありたいすべての人へお届けします。

ウェブサイト: http://web.goout.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧