2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選

access_time create folder政治・経済・社会
2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選

 

2021年は、分散型金融(DeFi)の人気が高騰した後、ノンファンジブル・トークン(NFT)が台頭した。2022年1月も過去最高の販売額を記録するなど勢いが増している。


Growing number of unique NFT buyers on Ethereum Source: Delphi Digital

2021年はNFTの年になったが、ユーザーの人気という点ではGameFiアプリケーションがDeFiを上回った。ダップレーダーのデータからブルームバーグは次のように報じた

「11月に分散型アプリケーションに接続されたアクティブな仮想通貨ウォレットの50%近くが、ゲームをプレイするためのものだった。分散型金融(DeFi)アプリと連携するウォレットの割合は、数ヶ月間アプリの主要なユースケースとしてあったが、同じ期間に45%に減少した」

ブロックチェーンのプレイ・トゥ・アーン(P2E:ゲームをしながら稼ぐ)ゲームのアクシー・インフィニティは急騰し、2022年も続くと予想されるゲームブームの幕開けとなった。仮想通貨専門家やゲーム支持者は、P2Eブロックチェーンゲームに大きな期待を寄せており、この分野を席巻するまだ知られていないゲームがあるはずだろう。

ここでは、2022年に人気が沸騰するであろう5つのブロックチェーンゲームを見てみよう。

DeFi Kingdoms

DeFi Kingdomsは、投資への情熱が開発者をブロックチェーン技術に誘ったことで開発が始まった。DeFi Kingdomsは、流動性プールを視覚化することで生まれた。ゲーム内の「ガーデン(庭園)」は、比喩的なトークン・ペアリングと流動性プールのマイニングを表している。

ゲーム内で示されるように、投資家は開花した植物で満たされた区画内に自分のLPシェアの一部を持つことになる。DeFi Kingdomsは、プレイ&アーンのモデルでDeFiプロトコルに成長の概念を加えることで、ゲームを「遊ぶ」ことに一工夫を加えている。


DeFi Kingdoms aerial image. Source: Twitter DeFi Kingdoms

ハーモニーネットワーク上に構築されたDeFi Kingdomsは、同ネットワーク上のプロジェクトとして初めてDappRadarのチャートで上位にランクインした。これは、DeFiとブロックチェーンゲームの両方に興味を持つ個人の流入か、ゲーム内ユーティリティ・トークンJEWELの急騰に起因するだろう。

JEWELは、ユーザーがNFTのゲーム内バフを購入し、ベースレベルのステータスを上昇させることができるユーティリティ・トークン。また、流動性マイニングにも使用され、ユーザーはステーキングによってより多くのJEWELを作る機会を与えられる。


JEWEL/USD daily chart. Source: Gecko Terminal 

JEWELはまた、プロジェクトの成長と進化に対する投票権を保有者に与えるガバナンス・トークンでもある。過去4カ月間で、トークン価格は1.23ドルから22.52ドルの史上最高値に急騰した。本稿執筆時点では、JEWELは約16%下落し、19.51ドルで取引されている。

コインゲッコーのデータによると、4ヶ月前の9月に1.23ドルでスタートしたJEWELトークン価格は、約1,487%急上昇し、先月だけでおよそ165%の上昇となった。

Guild of Guardians

Guild of Guardiansは2022年により期待されているブロックチェーンゲームの1つで、NFTに焦点を当ててイーサリアム上に構築されたレイヤーツーソリューションであるImmutableX上に構築されている。より多くのアクセスを提供することを目指し、P2Eの仕組みを模した無料プレイのモバイルロールプレイングゲームとして運営される。

2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選
Guild of Guardians Heroes. Source: Guild of Guardians

ギルド・オブ・ガーディアンズ・ヒーローズ ソースはこちら ギルド・オブ・ガーディアンズ
アクシーインフィニティなどのブロックチェーンゲームと同様に、ギルドオブガーディアンズのゲーム内アセットは交換可能だ。NFTのファウンダーセールやトークンセールで1000万ドル近い出来高を記録するなど、多くのゲーマーや投資家が関心を寄せるプロジェクトのようだ。

2021年10月にゲーム内トークンをローンチしたGuild of Guardians(GOG)トークンは、ゲーム内では「ジェム」と呼ばれるERC-20トークン。ジェムは、ゲーム内NFTの鋳造やマーケットプレイスとのやり取りなど、ゲーム内の主要機能を動かすものであり、プレイ中に獲得することが可能だ。

2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選
GOG monthly price action. Source: CoinGecko

先月、Guild of Guardians トークンは、発売後に史上最高値の2.81ドルまで急騰した後、安定したパフォーマンスを示している。記事執筆時点では、トークンは史上最高値から50%以上下落しているものの、コミュニティの一部のメンバーは、トークン価格の安定に役立つ機能であるステーキングと流動性プールの可能性に期待している。

Galaxy Fight Club

PFP(Proof-of-Picture)NFTをアバターにして、はるか彼方の銀河系で他のファイターと戦うことを想像してみよう。Galaxy Fight Club(GFC)は、1万個のアバターコレクションから、プレイヤーが自分のアバターコレクションで戦える、初のクロスブランド、クロスプラットフォームのPvP格闘ゲームのブロックチェーンゲームだ。

GFCは相互運用性を重視し、オリジナルのファイターに高い価値を置く一方で、他のアバターも報酬を得るために戦うことができるユニークなゲームだ。

2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選
Artist’s depiction of gameplay in GFC. Source: Galaxy Fight Club Avatar

GFCのゲームプレイを想像してください。出典 ギャラクシー・ファイト・クラブ』アバター
このゲームはポリゴンネットワークでローンチされる予定で、AnimetasやCyberKongzなど、さまざまな提携コレクションから異なるテーマを取り上げ、クロスプラットフォームで運営される。GFCは、『大乱闘スマッシュブラザーズ』のような世界だが、単に相手を全滅させるのではなく、戦利品ボックスを開けるための戦利品キーを巡って戦うという点が異なる。

GFCは現在ベータテスト中で、イニシャルDEXオファリング(IDO)の遅れなど、小さな失敗が起きている。現在までのところ、いつパブリックアクセスが可能になるかは不明だが、多くの人が2022年第1四半期の展開に期待を寄せている。

GCOIN

ギャラクシー・ファイト・クラブはネイティブトークンであるGCOINの生成を2021年10月に開始。各ギャラクシーファイターは毎日5~15GCOINを生成している。ファイターが売却された場合、新しい所有者は発生したGCOINを引き継ぐことになる。これは、ゲーム内でのプレイヤーの動き、武器の鍛造、戦利品ボックスの開封、第2世代ファイターの育成と販売に必要だ。

小さな後退はあったものの、GCOINのIDOは1月6日にPolkaStarterで実施され、1ウォレットあたり最大500ドルの割り当てられた。それぞれ0.50ドルで販売する400万トークンをリリースした。

プロジェクトのチームリーダーであるアド氏によると、「最初の150万ドルはおよそ15分で完売し、その時点でバトルパス保持者のみに割り当てられた残りの50万ドルは1時間で埋まった」と、IDOが成功したことを示している。約2,600のユニークウォレットがGFCファイターを保有しており、トップウォレットはコレクション全体の約2%を保有している。

CryptoBeasts

CryptoBeastsは、初代「ゼルダ」のレトロな雰囲気を再現したピクセルデジタルアートゲーム。イーサリアム・ブロックチェーン上に構築されたCryptoBeastsは、「ピアツーピアの電子レアエッグシステム」。1万個のピクセル化したカラフルな卵は、それぞれの所有者にゲームの「Eggland」と呼ばれる土地区画と分散型自律組織(DAO)投票権を付与する。

2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選
Hatched CryptoBeasts. Source: CryptoBeasts

DAO(自律分散型組織)はヒエラルキーを持って運営されており、プレイヤーが所有する卵の数によって投票権が決定される。CryptoBeastsではそれぞれの判断が計算されているように見える。卵の数は自分のステータスを決定することができるので注目に値するが、卵はネイティブトークンであるCBXトークンをより多く産出するなどの利点を売り物にしており、強さが増した希少な獣を孵化させることも可能だ。

Dune Analyticsのデータによると、最も高く売れたレアエッグは5イーサ(ETH)で、販売時の価格は9,085ドルだった。2021年12月31日、ゲーム内の経済ルールに関する発表があり、販売が活発化した。現在のエントリー価格である0.05ETHは、2021年6月の0.01ETHのミント価格より高額だ。

CBX token

Cryptobeastsはゲームシステムを「プレイ・トゥ・アーン」ではなく、「ファン・トゥ・プレイ(楽しむために遊ぶ)」だと主張しているが、やはりそのシステムはトークノミクスに依存するブロックチェーンゲームだ。ネイティブトークンであるCBXは、すべてのレアエッグホルダーにエアドロップされる予定のゲーム内トークン。

CBXトークンは、ビーストバトル、デイリーCBXを生成する土地区画、特定のゲーム内タスクの完了、農業や資源の収穫など、さまざまな方法で使用および獲得することができるとされる。

CBXはまた、意図したよりも少し長く保有を奨励するためにステークすることができる。トークンは、ゲーム内のユーティリティや、ゲーム内経済でのアイテムの購入から繁殖までの機能を動かすことが期待される。

アクシーインフィニティ(Axie Infinity)

プレイ・トゥ・アーンのモデルを実行した最初のブロックチェーンゲームとして注目されるアクシーインフィニティは、強力な経済モデルで確立され高度に発達したエコシステムを備えている。アクシーインフィニティは現在、ブロックチェーンゲームをより広く普及させるためのトロイの木馬と見なされている。

2022年に高騰か 今後注目のNFTブロックチェーンゲーム5選
3D scene of Axies. Source: Axie Infinity Land 3D Teaser

DappRadarのデータによると、アクシーインフィニティは、NFTランキングの上位を維持している。取引されたコレクションのトップとして、アクシーインフィニティはNBA TopShot、Splinterlands、Farmer’s Worldよりも上位にあり、過去30日間で5億6360万ドルを叩き出した。

SLP, AXS and RON

###SLP、AXS、RON
アクシーインフィニティでは「アクシー」と呼ばれるNFTモンスターを戦わせる。アクシーは、ゲーム内ユーティリティトークンのSLPとガバナンストークンのAXSを使用して繁殖させることができる。AXSはステークすることができ、15億6000万ドル以上がステークされており、全体の利回りがスタート時の200%超からおよそ88%に低下したにもかかわらず、ユーザーはかなりの年率利回り(APY)を獲得し続けている。

最近開始された分散型取引所(DEX)のKatanaでは、プレイヤーはSLPやAXSを使って流動性を提供し、独自トークンのRONを手に入れることができる。

RONはエコシステムトークンで、ポリゴン(MATIC)と同様に、アクシーインフィニティのRoninサイドチェーンのガス料金として使用される予定だ。アクシーインフィニティは、多くの点で、現実の経済を持つ独自のデジタル国家のように機能しつつある。

他の仮想通貨と同様に、アクシーインフィニティも価格下落に直面している。ただ、最近の価格下落は、投資家にとって魅力的なエントリポイントになる。土地はまだリリースされていないため、ユーザーは他のトークンを生成するために、クラフトや資源の収穫をする機会になる。

NFT/メタバースセクターにおけるこれまでの最大規模のデジタル土地販売は、アクシー・インフィニティによるものだ。230万ドルで販売された75のジェネシスランドプロットが230万ドルで販売された。

急速に成長するブロックチェーンゲームのエコシステムに適応し、開発元のSky Mavisチームは、コアエンジンを2Dアートスタイルから3Dに書き換えたと発表した。また、ゲームの一部とルナシア王国のコードネームである「プロジェクトK」を段階的にリリースし、それぞれがリソース収集から “グループ戦略ゲームプレイ “まで、ゲームの異なる要素にフォーカスすると発表した。


関連記事リンク(外部サイト)

米フィンテック大手ペイパル、独自ステーブルコイン「ペイパルコイン」を計画=報道
金利引き上げでビットコインは2022年に株式を凌駕する=ブルームバーグアナリスト
Airbnbでの仮想通貨対応も間近?CEOのTwitter投票でユーザーが希望

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧