LCX、ホットウォレット侵害で680万ドル流出

access_time create folder政治・経済・社会
LCX、ホットウォレット侵害で680万ドル流出

 

リヒテンシュタインに拠点を置く仮想通貨取引所LCXは、ホットウォレットを侵害され、680万ドルが流出した。同社はプラットフォーム上のすべての入出金を一時的に停止した。

このハッキングは、ブロックチェーンセキュリティ会社のPeckShieldが、LXCから未知のイーサリアムウォレットへのERC-20トークンが転送されたことを確認した。

PeckShieldの調査によると、イーサ(ETH)やUSDコイン(USDC)自社のLCXトークン、サンドボックス(SAND)、クオント(QNT)、チェーンリンク(LINK)、エンジンコイン(ENJ)、メーカー(MKR) を含む8種類のトークンの転送に成功し、LCXは累計680万ドルを失った。

LCX、ホットウォレット侵害で680万ドル流出
Details of the stolen funds on LCX. Source: PeckShield.

記事執筆時点では、LCXは盗まれた資金の返還計画は明らかにしていない。一方で、同社は他のウォレットや資産を保護するためのセキュリティ対策を講じることには言及した。

セキュリティプラットフォームImmuneFiの最近のレポートによると、ハッキング、詐欺、その他の悪質な行為により、仮想通貨企業が2021年に102億ドル以上の損失を被ったことが判明した。

コインテレグラフが報じたように、ImmuneFiは120件の仮想通貨の流出を確認し、最も価値の流出額の高いハッキングはポリネットワークの6億1300万ドル、次いでヴィーナスで2億ドル、ビットマートで1億5000万ドルだった。


関連記事リンク(外部サイト)

バイナンス、インドネシアで仮想通貨取引所開設に向けて交渉中
バイナンスUS、数億ドル規模の資金調達を検討している=バイナンスCEOが明らかに
仮想通貨取引所BitsoとUSDC発行のサークル、米国-メキシコ間での決済ツールに取り組む

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧