バルサ、今夏フリーのチェルシーDFに視線?レアルらも関心

access_time create folderエンタメ

バルサ、今夏フリーのチェルシーDFに視線?レアルらも関心
アントニオ・リュディガー 写真提供: Gettyimages

バルセロナが、チェルシーに所属するドイツ代表DFドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 2017年夏にローマから加入して以降、これまで公式戦通算170試合以上に出場しているリュディガー。昨季途中から就任したトーマス・トゥヘル監督体制でレギュラーに返り咲き、クラブのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献するなど、最終ラインからチームを支えている。

 そんなリュディガーとチェルシーの現行契約は今季限りまでとなっており、海外クラブとの交渉が解禁されると、レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘン、パリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントスが今夏のフリー移籍に向けて代理人と交渉を開始したと同メディアが報道。ただ、リュディガーはプレミアクラブから関心を持たれる可能性も考慮しており、新クラブとの契約締結を急いでいないという。

 そうしたなか、財政難を抱えるバルセロナもリュディガーの状況を注視しているという。なお、バルセロナはチェルシーとの現行契約が今季限りで満了になるスペイン代表DFセサル・アスピリクエタとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンにも目を光らせているとみられているが、獲得にこぎつけることはできるのだろうか。


関連記事リンク(外部サイト)

長谷部誠が世界のストライカーベスト3を列挙「ハーランドは速いですし…」
徳島カカが家族に粋な計らい!「まだ恩返しができていない」と謙虚な姿勢も
積極補強のヴィオラ、次なるターゲットはレアルと今季契約満了のスペイン代表MF?

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧