米人権団体、ビットコイン開発支援で4億2500万サトシを配布へ

access_time create folder政治・経済・社会
米人権団体、ビットコイン開発支援で4億2500万サトシを配布へ

 

ヒューマンライツ・ファンデーションは、ビットコイン開発基金の取り組みの一部として、4億2500万サトシを開発者に配布する予定だと発表している。サトシはビットコインの最小単位であり、0.00000001BTC(1億分の1)となる。

2020年5月に始まったビットコイン開発基金は、主にビットコインネットワークのプライバシーや使いやすさ、セキュリティの向上に焦点を当てている。ヒューマンライツは、今回の助成金をビットコインの教育や翻訳の充実、ビットコインコアやライトニングネットワークの開発に集中させると述べている。発表によれば、これらの助成金は10の具体的なプロジェクトに配布されるとしている。

具体的なプロジェクトとしては、ビットコインデスクトップウォレットであるSparrow Walletに5000万サトシ、次世代のビットコイン開発者を要請するインターンシッププログラムであるSummer of Bitcoinに2500万サトシ、アフリカの言語への翻訳プロジェクトに2500万サトシなどを配布している。

ヒューマンライツ・ファンデーションは過去に、米メディアでの仮想通貨の報道姿勢を批判している。2021年1月のタイム誌に掲載された記事の中で、ビットコインや仮想通貨を犯罪と結びつけて「悪魔化する」報道姿勢を批判していた。「ビットコインは現金のように中立であり、良いもの・悪いものと区別することはできない」と、ヒューマンライツの幹部は主張していた。

 


関連記事リンク(外部サイト)

今後も下落続くか ビットコインアナリストが予想するシナリオは?
ビットコイン、今後5年間で10万ドルを突破する可能性=ゴールドマンサックスが予測
ビットコイン供給の76%は非流動的、BTC市場にポジティブな影響か=レポート

access_time create folder政治・経済・社会
local_offer
コインテレグラフ

コインテレグラフ

コインテレグラフは仮想通貨・ビットコイン・ブロックチェーン・Web3.0の最新ニュースを発信する「新しいインターネット」のメディアサイトです。

ウェブサイト: https://jp.cointelegraph.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧