スパイダーマン愛してる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ヒーローだらけの試写会に参加してきた!(ネタバレ無し)

access_time create folderガジェ通 映画

全世界待望のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日(金)に全国の映画館にて公開となります。

去る12月21日に東京・日本橋にて開催された特別試写会に、ガジェット通信のオサダ記者が潜入!素敵なコスプレイヤーの皆さんのお写真を撮ってまいりました。

ピーター・B・パーカー(『スパイダーマン:スパイダーバース』)を意識したコーディネートを組んでみたものの、お腹だけスパイダーハム(詰め物一切無し)になってしまったオサダ記者。

そんな若干不審なオサダ記者にも関わらず、皆さん快くお写真に応じてくれます。

たくさんのスパイディたち! 本作から「マルチバース」が本格始動するということで、色々な作品のスパイダーマンが集まっていることがすごくピッタリだなと感激しました。

なんと、オサダ記者も混ぜてもらって写真撮影!

スパイダーマン最高!!!

映画を観終わった後のオサダ記者。感想を聞いたところ、「一言で言うなれば『何が起きた?!』。これから観にいく人は、心を静かに落ち着けて。そして、SNSや解説サイトを遠ざけて上映日まで過ごしてください。それだけの価値があります……」

この疲れ切った表情から、あらゆる意味で体力を使うすごい映画だったということは分かりますよね!

同じく映画を楽しんだ皆さん。筆者から言えることがあるとするならば、これだけの素敵なコスプレの皆さんが集まる、スパイダーマンというキャラクターが本当に本当に素敵なのだということ。『スパイダーマン』という作品が偉大なのだということ。映画に関わっている全ての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

オマケ。オサダ記者の不審者感が際立ち、皆に「君は誰?」と言われている様なこのショット。実際の皆さんはとても優しかったです!本当にご協力ありがとうございました!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より公開。WEBニュースサイトの筆者が言うのも心苦しいのですが…、ネタバレを踏まないよう自衛する様お願いしたい次第でございます!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
・原題:Spider-Man: No Way Home
・日本公開表記:2022年1月7日(金)全国の映画館にて公開
・監督:ジョン・ワッツ
・出演:トム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジョン・ファヴロー、ジェイコブ・バタロン、マリサ・トメイ、アルフレッド・モリーナ
(C)2021 CTMG. (C) & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

access_time create folderガジェ通 映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧