しゃぶしゃぶ温野菜で「天国と地獄」を体験!?『天使と悪魔の誘惑鍋』が新登場

access_time create folderエンタメ
しゃぶしゃぶ温野菜で「天国と地獄」を体験!?『天使と悪魔の誘惑鍋』が新登場

11月23日(火)より、野菜たっぷりでお肉が罪悪感なく食べられる 『しゃぶしゃぶ温野菜』から『天使と悪魔の誘惑鍋』という新メニューが登場。

およそ今まで鍋という言葉の前についたことが無いであろう「誘惑」というパワーワードに興味をそそられますが…さて、いったいどんな鍋なのでしょうか?マガジンサミット編集部がその味を確かめに行って参りました!

写真映え待った無し!鍋に舞い降りた天使と悪魔

ドン!目の前に現れたのはまさに地獄の入り口のような色味の出汁と、天使の羽のようにふわふわでまっしろな出汁。そしてそんな2色の対照的な出汁にゆらゆら浮かぶ、悪魔のモチーフと天使のモチーフ…。

こんなお鍋、見たことない!

通常、出汁が温まるまではちょっぴり暇を持て余すのがしゃぶしゃぶというものですが…この『天使と悪魔の誘惑鍋』は思わず鍋の写真を撮ってしまう、そして撮っていたらいつのまにか出汁が温まっている、という…お鍋を最初からテンション高く楽しめるメニューになっています!

シビ辛!ふわ甘~の無限ループから抜け出せない

お鍋を目で楽しんだ後は、待ちに待った実食です。

ハンペンの悪魔と赤唐辛子が浮かんでいる方は、なんとしゃぶしゃぶ温野菜史上最も辛い『悪魔の出汁』。

3種類の唐辛子と山椒、ブラックペッパー、ラー油という様々な辛さをブレンドしたシビ辛な出汁に、味噌やオイスターソースでコクや旨味をプラスしています。

辛い、でもうまい…。お肉を食べる手が止まらない悪魔のような美味しさです。

うって変わってハンペンの天使とお麩のハートが浮かんでいる方は、しゃぶしゃぶ温野菜のグランドメニューでも人気の高い豆乳出汁をベースに、店舗でホイップしたクリームを加えた『天使の出汁』。ふわふわなクリーム出汁が野菜の甘さを一層引き立てます。

『悪魔の出汁』でシビシビになった口の中をふんわりと包み込んでくれる、天使のような優しさと甘さをもったお味です。

『悪魔の出汁』はグランドメニューで人気の火鍋出汁をベースにしていますが、様々なスパイスが入ることで通常の火鍋出汁の3倍辛くなっているそう。

唐辛子が丸ごと・輪切り・一味と3形態で入っているので、後半になるにつれて輪切りや丸ごとの唐辛子が煮詰められ、どんどん辛くなっていく段階的な辛さを味わうことができます。

私は前半「そこまで辛くないや」と余裕顔で食べ進めていましたが、後半は「口から火が出るかと思うぐらい辛い、でも美味しいので箸が止められない…」と顔真っ赤&汗だくになりながら食べることに…。まんまと悪魔の罠にかかってしまいました。

そんな悪魔の罠から助けてくれる『天使の出汁』は、出汁だけ飲んでみると食事にしては甘めな味付けなので最初はびっくりしますが、これは野菜をくぐらせることで真価を発揮します。鍋のために独自配合したというホイップクリームの優しい甘さが食材の甘さをより一層引き立て、野菜本来の甘さ・旨味を堪能することができるのです。

しかもただ甘いだけじゃありません!身体を内側からポカポカ暖めてくれる生姜がアクセントに入っていて、味をきゅっと引き締める、にくい演出をしてくれます。

生姜っぽさを強く感じないので生姜が苦手な人も安心して食べられますよ!

温活しながら好みの組み合わせにトライ!

『悪魔の出汁』は豚カルビや鶏モモがよく合うし、締めに中華麺を入れると絶品!『天使の出汁』は夕採れレタスや人参、鶏ロースがよく合うし、チーズしゃぶしゃぶが最高!とそれぞれオススメの食材はありますが、「これを合わせて見たら?」「この食材はこっちでも美味しいかも」と、自分たちだけの最高の組み合わせを見つける楽しみもあります。

両極端な味つけの鍋だからこそ挑戦の幅が広がり、色々な楽しみ方ができますよ。

より辛さを追い求める方のための追いシビ辛(+110円)や、ディップとしても楽しめる追いクリーム(+110円)も用意があるので、組み合わせはまさに無限大!

そして2つの味を楽しみ尽くした後は、天使と悪魔の合わせ出汁に!まろやかだけど辛ウマなまた違った味に変身するという、最後の最後まで飽きさせないエンターテイメントにあふれたお鍋なのでした。

これからの季節にピッタリ

『天使と悪魔の誘惑鍋』は2021年11月23日(水)〜2022年1月26日(水)までの期間限定メニュー。価格は天使と悪魔の出汁、8種の肉、厳選した国産野菜、おつまみ等60種類から好きなものを好きな分だけ食べられる食べ放題で税込 2,948円。(※他食べ放題コースも利用可能)

ちなみに、冷え対策として『温活』に力をいれている方々にもおすすめとのこと。

シビ辛とふわ甘の無限ループな味はもちろん、見た目もクリスマスカラーかつ紅白カラーな映え鍋で、クリスマスや忘年会・新年会に温活女子会をしてみてはいかがでしょう?

以上、マガジンサミット編集部がお送りしました!

access_time create folderエンタメ
マガジンサミット

マガジンサミット

TVと雑誌がコラボ! 雑誌の面白さを発見できるWEBマガジン 自分が欲しい情報を、効率よく収集できる「雑誌」 ライフスタイルに欠かせない「雑誌」 ちょっと雑誌が欲しくなる、もっと雑誌が読みたくなる、そんなきっかけが生まれるように、TVやラジオ番組の放送作家たちが、雑誌の情報を中心にオリジナル記事を発信していきます!

ウェブサイト: http://magazinesummit.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧